AI活用生成AIトレンド研修生成AIを業務活用する知識が学べる

期待できる効果

生成AIトレンド研修では、ChatGPTや画像生成AIなどの生成AIに用いられている技術やトレンド、ビジネスでの活用事例を学びます。自社の業務に生成AIを取り入れ、業務効率化を進められるようになります。

さまざまな企業から選ばれています

Before

  • 生成AIを業務で活用するイメージがわいていなかった
  • 生成AIの種類やできることについて、よくわかっていなかった

After

  • 生成AIを業務に取り入れることで効率化ができるようになった
  • 技術的な仕組みやリスクを踏まえたうえで生成AIを使えるようになった
デジタル人材育成・研修について相談する

生成AIトレンド研修の特徴

  • 特徴1体系的なAIリテラシーが学べる
    体系的なIT知識が身につく

    様々なIT業界団体の認定校となっており、また、多くの企業様にIT研修を提供してきた実績を元にしたAI基礎知識のカリキュラムを提供できます。

  • 特徴2研修のカスタマイズができる

    貴社の業務上の課題感や目的に合わせて、カリキュラムや研修スケジュールを柔軟にカスタマイズできます。お気軽にご相談ください。

  • 特徴3研修の成果が確認できる

    学習管理システム(LMS)での進捗管理はもちろん、日報、理解度テストの結果、開発した成果物など、様々な角度から研修効果を測定できます。

研修カリキュラム

生成AIトレンド研修

生成AIトレンド研修では、生成AIの仕組みやビジネス活用についての基礎知識を学習後、画像生成、音楽生成、動画生成、自然言語テキスト生成などのトレンドについて紹介します。

また、生成AIの業界別活用事例を学び、実際に生成AIに触れる演習を通じて、自社における生成AIの活用イメージを描けるようになります。

生成AIについて理解を深めて業務活用したいと考えている企業にお勧めです。

対象者

  • 生成AIをビジネス活用したい方
  • 現場で実務を担当している社員の方
  • 経営者や管理職の方

研修の目的

  • 生成AIをビジネス活用するイメージが描けるようにしたい
  • AIが得意なことと苦手なことなど、経営判断を行う上での基準を学びたい
デジタル人材育成・研修について相談する
生成系AIトレンド
項目 内容
AIの基本概念
  • 人工知能(AI)とは何か
  • 機械学習、ディープラーニングの概要
  • AIのビジネスへの応用
  • 生成系AIとは何か
  • 主要な生成技術(例:GAN、VAE)
  • 生成系AIの重要性
最新の生成系AIトレンド
  • 画像生成(Stable Diffusion、Bing Image Creator、Adobe Firefly)
  • 音楽生成(SOUNDRAW)
  • 動画生成(Runway Gen-2)
  • 自然言語テキスト生成(ChatGPT)
産業別の生成系AI活用事例
  • 医療業界
  • 製造業界
  • 広告業界
  • エンタメ業界
  • 小売業界
  • 新製品開発への活用
  • 顧客エンゲージメントへの活用
  • オペレーション効率化
生成系AIの実践
  • 画像生成の実践(Stable Diffusion、Bing Image Creator、Adobe Firefly)
  • 文章生成の実践(ChatGPT)
今後の展望
  • 倫理と規制の進展
  • 人財の採用・教育
  • 新規事業・サービスへの展開

時間数・日程

3時間
※カリキュラム内容や時間数のカスタマイズができますので、お気軽にご相談ください。
※開催日程は貴社のご要望をお伺いしご提案いたします。

参考価格

受講者数や研修時間、カリキュラムのカスタマイズ、講師派遣などに応じて料金が変動しますので、個別のお見積もりはお問い合わせください。また、ご予算にあわせたご提案もできますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

この研修について相談する

受講形式

インターネット・アカデミーの研修は、さまざまな形式に対応しています。「基礎はeラーニングで演習は集合研修」「講師派遣とリモートを組み合わせる」など、複数の形式の併用もできますので、お気軽にご相談ください。

  • リモート集合研修
  • 実地での集合研修
  • 講師派遣
  • eラーニング

Web開発会社の開発・マネジメントのノウハウをカリキュラム化現場の実務が研修で学べる

インターネット・アカデミーのグループ会社ではWeb開発・Saasサービスを手掛けています。実務で用いられている開発ノウハウをカリキュラム化し、研修で還元しています。

理解度チェック・アセスメントなど学習効果を可視化できる学習管理システム(LMS)

インターネット・アカデミーの学習管理システム(LMS)では「研修後の知識定着度を可視化したい」「社内報告のためのアセスメントがほしい」など、研修担当者の悩みにこたえる機能を搭載。学習の進捗管理から、さまざまな角度からの研修効果測定が行えます。

  • 研修テーマごとに受講した社員の理解度をダッシュボードで確認できます。
  • テストの結果を元に社員ごとのスコアをグラフで可視化。社内の平均スコアとの比較もできます。
  • 受講態度や理解度といった講師からのフィードバックによる定性評価にも対応しています。

AI基礎系の研修を受けた企業からのコメント

グローリー株式会社社員のIT知識を底上げでき、今後のDX化推進の展望が見えた

結論として、初めてChatGPTを使う方も、すでに試していた方も、それぞれの立場でChatGPTへの理解が深まる研修で、満足度が高かったという印象です。業務中、「ChatGPTを使ってこんなことを調べてみた」といった会話が聞こえてくるようになりました。
インタビューをみる

株式会社 横河ブリッジIT技術を活用した業務効率化のアイデアが生まれるようになった

ITリテラシーとAIプログラミングの研修を受講させていただきましたが、AIプログラミング講座は初めて聞く話が多くあり、大変勉強になりました。研修後は、当初の予想をはるかに超えて、社員たちがIT技術を活用し社内の業務効率を向上させるアイデアを提案してくれるようになったのです。
インタビューをみる

デジタル人材育成・研修について相談する

助成金で費用負担を軽減

インターネット・アカデミーのIT研修では、要件を満たすことで厚生労働省の人材開発支援助成金が利用できます。研修費用に対する経費助成と、受講中の賃金に対する賃金助成の両方が支給されます。

この助成金制度ではいくつかのコースが用意されており、研修目的に合わせて使用できる制度をご提案いたします。

経費助成+賃金助成
※eラーニングの場合、賃金助成は支給されません。
DX人材育成の研修で使える
事業展開等リスキリング支援コース
  経費助成 賃金助成 年間限度額
中小企業 75% 960(1人1時間) 1億
大企業 60% 480(1人1時間) 1億
新卒研修など幅広いテーマの研修で使える
人材育成支援コース
  経費助成 賃金助成 年間限度額
中小企業 45% 760(1人1時間) 1000万
大企業 30% 380(1人1時間) 1000万円

助成金を使った研修の事例紹介や、貴社が研修を行った場合に支給される助成額シミュレーションも承っています。お気軽にご相談ください。

助成金について相談する

IT研修・DX人材育成についてのご相談

法人サービスの電話お問合せ窓口
03-3341-3781
受付時間(平日・土日) 10時-21時

IT人材育成に精通したコンサルタントに無料でさまざまな相談をしていただけます。お気軽にご相談ください。

たとえばこんな相談ができます
  • 人材育成計画を立てるために人材育成の事例などをとりあえず聞きたい
  • 助成金の使い方や、支給額のシミュレーションを知りたい
  • 自社の業務や受講者のレベルにあったカリキュラムを提案してほしい
会社名必須
部署名必須
お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
受講人数
開始時期
対象者
       
ご相談内容
個人情報の取扱いについて

個人情報の利用目的についてご同意いただいた場合のみ、「同意して進む」を押してください。

このページの上へ