人材開発支援助成金事業展開等リスキリング支援コース

人材開発支援助成金

DX人材育成のための高助成率コース

「事業展開等リスキリング支援コース」は、デジタル化による業務の効率化や脱炭素化などに取り組むための人材の育成に対しての訓練経費や賃金の助成が行われる制度です。

助成金の支給額

研修費用に対する経費助成と、受講中の賃金に対する賃金助成の両方が支給されます。

経費助成+賃金助成
  経費助成 賃金助成 年間限度額
中小企業 75% 960(1人1時間) 1億
大企業 60% 480(1人1時間) 1億
経費助成については、訓練時間に応じて1人当たりの支給額の上限が設けられています。
訓練時間 10h以上100h未満 100h以上200h未満 200h以上
中小企業 30万円 40万円 50万円
大企業 20万円 25万円 30万円
助成金について相談する

支給額の具体例

インターネット・アカデミーでは目的に合わせた様々な研修テーマがあり、研修時間や受講人数、受講形式に応じて料金が変わってきます。ここでは、5名で研修をご利用いただいた場合の1名あたりの支給額の例を紹介します。

デジタルスキル標準
ビジネスアーキテクト育成研修

※講座料金は、受講人数や研修形式によって変動します。

ビジネスアーキテクト育成研修は、デジタルスキル標準で策定されているDX人材「ビジネスアーキテクト」を育成。DXリテラシー向上、ビジネス戦略の理解、業務プロセス改善(BPR)、UX、開発ベンダーの管理などを学習します。

要件の例
  • 学習時間:44時間
  • 受講人数:5名
  • 受講形式:オンライン(双方向リモート)

助成金支給額の実例

助成金の支給額事例

実際に助成金を活用してインターネット・アカデミーの研修を利用された企業様の支給額の事例を紹介します。

利用した研修と助成金制度
事業展開等リスキリング支援コース
  • 研修内容:DX化推進研修
  • 受講人数:10名
  • 研修時間:21時間
助成金について相談する

対象の訓練と手続きの流れ

「事業展開等リスキリング支援コース」の対象となる訓練の要件や、申請の流れは以下のとおりです。詳細な要件は厚生労働省のリーフレットにてご確認ください。

対象の訓練

  • OFF-JTにより実施される訓練であること
  • 実訓練時間数が10時間以上
  • 職務に関連した訓練であって以下のいずれかに該当する訓練であること

    1.企業において事業展開を行うにあたり、新たな分野で必要となる専門知識を習得をさせるための訓練

    2.事業展開は行わないが、事業主において企業内のデジタル・DX化やグリーン・カーボンニュートラル化を進めるにあたり、これに関連する業務に従事させる上で必要となる専門知識を習得をさせるための訓練

申請の流れ

  • 研修開始の1か月前までに、労働局に訓練実施計画届などの申請書を提出する必要があります。
  • 研修修了日から2ヶ月以内に支給申請を行う必要があります。

助成金申請のサポートも充実

助成金申請のサポートシステム

インターネット・アカデミーの研修では、面倒な助成金申請書の作成をサポートする支援システムをご利用いただけます。

  • 申請書類の作成業務の負担を大幅に軽減できる
  • 申請忘れによる不支給を未然に防げる
助成金について相談する

助成金の活用についてのご相談

法人サービスの電話お問合せ窓口
03-3341-3781
受付時間(平日・土日) 10時-21時

IT人材育成に精通したコンサルタントに無料でさまざまな相談をしていただけます。お気軽にご相談ください。

たとえばこんな相談ができます
  • 助成金を利用した研修や、利用までの流れを知りたい
  • 自助成金を使う場合のスケジュールや助成額の試算結果を知りたい
  • 助成金を使った人材育成の事例を詳しく知りたい
  • IT研修のカリキュラムや実施時期について相談したい
会社名必須
部署名必須
お名前必須
ふりがな必須
電話番号必須
メールアドレス必須
受講人数
開始時期
対象者
       
ご相談内容
個人情報の取扱いについて

個人情報の利用目的についてご同意いただいた場合のみ、「同意して進む」を押してください。

プライバシー保護のため暗号化通信を使用しています。
このページの上へ