ITリテラシー研修営業職・専門職から管理職まで
必須の知識を学ぶ

ITリテラシー研修

ITリテラシー研修では、インターネットの仕組みから最新トレンドまで体系的に学べるため、幅広い業界の企業様に高い評価をいただいております。ITリテラシーを身につけることで、営業であればIT商材のプレゼンテーションがスムーズになり、Webシステム担当者であれば外注先とのコミュニケーションが取りやすくなり発注コストを削減できます。

対象者

  • 営業職など非IT部門の社員の方
  • 幅広いIT知識を身につけ、取引先との円滑なビジネスができるようにしたい方
  • ITリテラシーを高め、ITツールやWebサービスをビジネスで効果的に活用できるようにしたい方

研修の目的

  • 社員がITに苦手意識がありITツールの導入が進まないため、ITリテラシーを高め活用できるようにしたい
  • ITベンダーや取引先との打合せで飛び交う専門用語についていけないためIT用語の理解度を上げたい
  • 社員のテクノロジーへの理解が浅くサービスの企画や提案の幅が狭いため、ITを学び提案力を高めたい

ITリテラシー研修で学べること

ITリテラシー研修では、ハードウェアやソフトウェアの特徴や役割、ネットワーク通信、プログラミングの基礎など、基本的な用語やITの仕組みの部分から学んでいきます。また、サイバー攻撃の手法やリスク、その対策など、情報セキュリティについても学習します。あらゆる職種で必要となるITの基本的な知識を体系的に学ぶことができるため、ITベンダーとの打ち合わせの質を高める、ITツールのさまざま機能を活用できるようになる、社員による情報漏洩リスクを提言するなどの効果が期待できます。

本研修は、これまでITに触れてこなかった初心者の方を対象にしているため、新入社員だけではなく、非IT部門の方でもスムーズに知識を習得できるのも特徴です。

到達目標

  • 基本的なIT知識を身につけることで、商談のコミュニケーションの質を高めることができる
  • テクノロジーやセキュリティへの理解を深めることで、効果的かつ安全なITサービスの活用できるようになる
  • 新入社員が、IT部門には必須となるITリテラシーを身につけた状態で配属できる

カリキュラム内容

目次
ITリテラシー
ITとは何か?
  • IT(Information Technology)の概要、導入
コンピュータ/ハードウェア
  • CPU/メモリ/HDDの役割と特徴
コンピュータ/ソフトウェア
  • 基本ソフト:OS
  • 応用ソフト:アプリケーションとは
  • アプリケーションの種類(ネイティブアプリ/Webアプリ/ハイブリッドアプリ)
デジタルデータを理解しよう
  • 2進数、ビットとバイトの考え方
ネットワーク
  • そもそもネットワークとインターネットの違いとは?
  • ネットワークの種類(LAN/WAN)、LANの接続形態(スター型/バス型/リング型)
  • 通信プロトコル、OSI参照モデル、TCP/IPモデル
  • グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス
  • ネットワークを構成する装置(LANケーブル、ルーター、ハブ、スイッチなど)
  • ネットワーク機器とTCP/IPモデルとの関係
インターネット
  • インターネットの歴史、仕組み
Webの仕組み
  • WWW,サーバー、ブラウザ、URL
IPアドレスとドメイン
  • グローバルIPアドレス、プライベートIPアドレス、クラス、DNSサーバーの役割
データベース
  • データベース管理システム
  • データベースモデル(階層型、ネットワーク型、リレーショナル型)
  • リレーショナルデータベース、構造、テーブル、正規化
  • SQL、関係演算、論理演算
システム開発
  • システム開発のプロセス、企画プロセス、ROI、要件定義プロセス
プログラム
  • そもそもプログラムとは?、プログラミング言語の分類、言語プロセッサ
  • プログラミング言語の種類と特徴
情報セキュリティ
  • サイバー攻撃の目的と手口、その対策
  • コンピュータウィルス
  • ネットワークのセキュリティ対策、セキュリティマネジメントの3大要素、故障対策
※内容と研修費用は、企業様のご要望に応じてご提案致しますのでお問合せください。
時間数 8時間 (2時間×4回)
※「3か月間の長期で実施したい」「1週間の短期で実施したい」等、ご要望に応じて研修期間を調整することができます。
日程 随時開催可 (ご希望の日程でお問合せください)
受講者のコメント
  • 授業と関係ない質問にも答えて頂いて感謝しています。テキストを読んで実行するだけでは結構な確率でつまづいてしまうので、講師の方からポイントを聴けるのは受講の意味価値が大きいと感じました!ありがとうございました。
  • 言葉は聞いたことあっても、知らないことが多くて勉強になりました。雑学も入れていただいたので、楽しくできました。
  • とても分かりやすかったです。 例え話や事例を使っていただいたことで イメージしやすかったです。 ありがとうございました!

カリキュラムの内容や実施時間は御社のご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
研修内容や料金についてはお問い合わせフォームよりご相談ください。

研修の料金体系

研修の基本料金は受講者数に応じて決まります。また、カリキュラム内容をカスタマイズする場合や講師派遣をする場合、その他、英語研修や制作物を公開させたい等のご要望に応じて変動いたします。詳しくはぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

助成金のご活用

人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)は、労働者のキャリア形成を効果的に促進することを目的とした厚生労働省の制度です。この助成金を利用することで、研修費用のほか、受講時間などに対する賃金の助成を受けられる場合があります。

  • 助成額年内最大1,000万円

    年度内に最大1,000万円助成可能

  • 経費助成1人当たり最大50万円

    1人当たり最大50万円(大企業は1人当たり最大30万円)経費助成可能

  • 賃金助成1人1時間最大960円

    受講者1人1時間当たり960円(大企業は480円)賃金助成可能

※助成金利用には一定の条件がございます。詳しくは厚生労働省の人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)のページをご確認ください。

助成金申請のアドバイスを致します

助成金の申請方法がわからない、面倒だ、といった理由で助成金活用をあきらめないで下さい。インターネット・アカデミーでは実績のある社会保険労務士事務所の指導のもと、申請のアドバイスをいたしますので、お気軽にご相談ください。

助成金活用のご相談

IT基礎・リテラシー系の研修の実施事例

ダイドードリンコ株式会社

取締役 執行役員 人事総務本部長 濱中昭一 様
人事総務部 人事グループ 渡邉彩 様
研修前の課題
  • 新型コロナウイルスの流行によって、IT・デジタル化需要が増す一方、ITを戦略的に使いこなせる人財が少ない
  • 社内でIT教育のノウハウがない
実施したIT研修
  • ITリテラシー、Webマーケティング、Web制作、プロジェクトマネジメントの研修を実施
  • 研修後、社長・役員クラスの既存社員へプレゼンを実施
研修事例の詳細をみる

日揮ホールディングス株式会社

グループ人財・組織開発部 人財開発チーム
寺田唯 様 黒木健人 様
研修前の課題
  • 社内のDX化推進に伴い一般的に必要とされるITリテラシーを向上させたい
実施したIT研修
  • 新卒社員に対して一元化、統一されたITリテラシーの基礎講座と情報セキュリティ基礎研修を実施
研修事例の詳細をみる

インターネット・アカデミーならではのポイント

演習重視の研修で実践力が身につく

演習重視の研修
写真は演習用の機材を受講者に配布し、画面共有しながら行ったオンライン研修風景です。

インターネット・アカデミーでは、プログラミングやデザインの演習、ディスカッションなどアウトプットを重視した研修を行うため、実務で活かせるスキルが身につきます。オンライン研修でもコミュニケーションをはかれるインタラクティブな形式で演習を実施します。グループワークにも対応しているため、実地での研修と同様の教育効果が得られます。

御社に合わせたオーダーメイド研修

演習重視の研修

インターネット・アカデミーでは、御社の要望に合わせてカリキュラムのカスタマイズができます。ITリテラシー研修のカリキュラムの調整はもちろん、御社の業務の状況に合わせてカリキュラムを組むこともできます。専門のITコンサルタントがご要望をお伺いしますので、お気軽にご相談ください。

学習管理システム(LSM)で研修効果をリアルタイムに測定

学習管理システム(LSM)

研修担当者の方が研修の管理や効果測定するための学習管理システム(LSM)をご利用いただけます。LSMにはさまざまな機能が備わっています。詳しくは学習管理システム(LMS)のページをご確認ください。

  • 課題ファイルの管理
    講師からの課題の提出状況を確認することができます。
  • 日報や評価の機能
    受講者の日報を確認したり、受講者毎のスキルや講師からのコメントをご確認いただけます。
  • 受講者のITレベルの測定
    ITリテラシーとITに対する意欲を測定するサービスを提供しています。分野ごとのレポートが確認できるため、受講者の方の得意分野・苦手分野の把握ができます。
  • スキルチェックテスト
    研修内容に合わせてオリジナルのテストを作成できます。研修前後の確認テストなどにも活用できます。
  • eラーニングとデジタルテキスト
    研修によっては、eラーニングやデジタルテキストを利用することもできます。

関連するIT研修

法人向けIT研修のご相談

法人サービスの電話お問合せ窓口
03-3341-3781
受付時間(平日・土日) 10時-21時

御社のご要望に合わせて最適な研修プランを無料でご提案いたします。研修のご相談やお見積もり依頼等も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

2022年春の研修はお席が埋まりやすいため、新卒研修・助成金利用をご検討の方はお早めにお問い合わせください。

  • 1.情報の入力
  • 2.内容の確認
  • 3.送信完了
会社名必須
部署名必須
お名前必須
ふりがな必須
電話番号必須
メールアドレス必須
受講人数
開始時期
対象者
       
お問い合わせ内容
個人情報の取扱いについて

個人情報の利用目的についてご同意いただいた場合のみ、「同意して進む」を押してください。

プライバシー保護のため暗号化通信を使用しています。
このページの上へ