Webサイト制作系の研修

Webサイト制作研修

インターネット・アカデミーのWebサイト制作研修では、現場で必要なHTML、CSS、JavaScriptの実践力を養う研修を行っています。母体がWeb開発会社なので、サイト制作の技術はもちろん、検索エンジンで上位に表示させるSEOのテクニックやユーザーからの問い合わせ数を増やすためのインターフェース改善まで、成果を出すための実践的なノウハウも同時に学ぶことができます。また、インターネット・アカデミーは日本の教育業界で唯一のW3Cメンバーのため、最新かつ正確な知識を身につけることができます。(※)。
※W3Cは「World Wide Web Consortium」の略で、Webサイト制作に必要なルールの標準化を行っているWebに関する世界最高位の団体です。

学べる技術例

  • HTML
  • CSS
  • RWD
  • JavaScript
  • jQuery

Webサイト制作研修のラインナップ

  • Webサイト制作実践研修

    本研修では、Webサイトの企画からデザイン、コーディングまで、既定のWebサイトを制作しながら、実践で使えるスキルを学んでいきます。W3Cが策定する仕様に沿った正しいコーディングはもちろん、どうすれば使い勝手の良いサイトになるかなど、より付加価値の高いWebサイトを制作するためのノウハウも学ぶことが出来ます。

  • フロントエンドエンジニア基礎研修

    フロントエンドエンジニア基礎研修では、Web標準に沿った正しいHTML/CSSを学習するのはもちろん、実際にWebサイトの設計やコーディングの演習を通じて、難易度の高いWebサイトのコーディングを行うスキルを習得します。

  • サイト制作のためのコーディング研修

    Web標準に沿った正しいHTML/CSSを学習するのはもちろん、正しい文書構造でコードを記述するセマンティックコーディングやモバイルファーストを考慮した軽量なコーディングを学ぶため、SEOにも強いWebページを構築することができます。

  • フロントエンドエンジニア研修(Vue.js)

    Webサイトのコーディングに必要なHTML/CSSとJavaScriptについて学習するフロントエンドエンジニア基礎研修の内容に加え、JavaScriptライブラリのひとつであるVue.jsや、ソースコード管理を行うGitの活用方法を学習。UIの優れたWebサイトやWebアプリケーションの構築ができるようになります。

  • フロントエンドエンジニア研修(React.js)

    Webサイトのコーディングに必要なHTML/CSSとJavaScriptについて学習するフロントエンドエンジニア基礎研修の内容に加え、JavaScriptライブラリのひとつであるReact.jsや、ソースコード管理を行うGitの活用方法を学習。UIの優れたWebサイトやWebアプリケーションの構築ができるようになります。

研修の料金体系

研修の基本料金は受講者数に応じて決まります。また、カリキュラム内容をカスタマイズする場合や講師派遣をする場合、その他、英語研修や制作物を公開させたい等のご要望に応じて変動いたします。詳しくはぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談
このページの上へ