プロジェクトマネジメント・ベンダー管理プロジェクトマネジメント研修知識を実践で活かせるリーダーを育成

期待できる効果
  • 精度の高い要件定義やWBSの策定などができるようになる
  • プロジェクト中に発生するリスクについての評価や対策ができるようになる
  • プロジェクトのコスト管理や品質管理ができるようになる

大規模なプロジェクトを成功させるためには、プロジェクト体制の構築を行い、綿密な計画を立てて進捗をコントロールしていくことが欠かせません。プロジェクトマネジメント研修では、要件定義や品質管理、スケジュールの管理やリスクマネジメントなど、さまざまなワークショップを通じてプロジェクトマネージャーの仕事への理解を深めることができます。

さまざまな企業から選ばれています

Before

  • 開発プロジェクトの進行がうまくいかず、工数の肥大化や不具合発生などが頻発していた
  • 社内システムをITベンダーに依頼する際に費用や内容に納得感がないまま進んでいた

After

  • スケジュール設定やリスクマネジメントの精度があがり、トラブルが発生しにくくなった
  • システム設計についても理解したことで最小の費用で適切な仕様のシステムを依頼できるようになった
デジタル人材育成・研修について相談する

プロジェクトマネジメント研修の特徴

  • 特徴1実務に直結するスキルが身につく
    実務に直結するスキルが身につく

    研修後すぐに活かせるように、実際の現場をイメージした分析や作業の洗い出すワークを研修中に実施します。

  • 特徴2研修のカスタマイズができる

    貴社の業務上の課題感や目的に合わせて、カリキュラムや研修スケジュールを柔軟にカスタマイズできます。お気軽にご相談ください。

  • 特徴3研修の成果が確認できる

    学習管理システム(LMS)での進捗管理はもちろん、日報、理解度テストの結果、開発した成果物など、様々な角度から研修効果を測定できます。

研修カリキュラム

プロジェクトマネジメント研修

プロジェクトマネジメント研修では、経験の浅いプロジェクトマネージャーが学習しやすいように、プロジェクトマネジャーに求められる役割や、プロジェクト全体の流れなど前提知識から学習をします。

成果物の定義や、プロジェクト進行に関わる様々な制約についての確認、WBSやスケジュールの設計、リスクマネジメントや品質管理など、プロジェクト前に行う業務について、発生しうるリスクやトラブルの事例も含めて学んでいきます。

また、研修では自社の分析をはじめ、要件定義などを演習を交えながら学習を進めていき、演習内容の発表やディスカッションも行いますので、他の受講者と意見交換をしながら多角的な視点を身につけることができるのも特徴です。

対象者

  • プロジェクトマネジメントの業務に携わる方
  • 制作や開発案件にチームメンバーとして携わる方

研修の目的

  • 経験の浅いプロジェクトマネージャーに、ワークフロー全体の流れとポイントを学習させたい
  • 自社のプロジェクトにおいて、要件定義やWBS、スケジュール設定の精度を高めたい
  • チームメンバーにプロジェクトマネ-ジャーの視点を持たせたい
デジタル人材育成・研修について相談する
プロジェクトマネジメント
項目 内容
プロジェクトと組織
  • プロジェクトとは
  • プロジェクトマネジメントとは
  • プロジェクト・マネジャーの役割
プロジェクトに必要な作業を定義する
  • プロジェクトの流れ
  • プロジェクトの区分(計画・実行・終結)
  • プロジェクトの組織構造
プロジェクトの時間を管理する
  • 作業の依存関係を把握する
  • マイルストーンを設定する
  • クリティカルパスを押さえる
プロジェクトのコストを算出する
  • コストとは
  • 見積もり手法
  • コストを抑える方法
プロジェクトの品質を管理する
  • 品質とは
  • 品質計画を立てる
  • 品質をチェックする
プロジェクトのリスクを定義する
  • リスクとは
  • リスクを定義する
  • リスクに優先順位をつける
プロジェクトを実行する
  • プロジェクトの変更を管理する
  • チームを編成・育成する
  • スケジュールの見直しをする
実践ワーク
  • フレームワークを用いて課題を抽出
  • SWOT分析を使って自社分析
  • ステークホルダーの抽出
  • WBS 作業の洗い出し
  • トラブル事例

時間数・日程

16時間
※カリキュラム内容や時間数のカスタマイズができますので、お気軽にご相談ください。
※開催日程は貴社のご要望をお伺いしご提案いたします。

料金体系

受講者数や時間数に応じて変動します。また、カリキュラム内容のカスタマイズや講師派遣などのご要望に応じて変動いたします。ご予算にあわせてのご提案もできますので、お気軽にお問い合わせください。

デジタル人材育成・研修について相談する

この研修の関連資格

  • PMBOK
  • プロジェクトマネージャ試験(PM)

受講形式

インターネット・アカデミーの研修は、さまざまな形式に対応しています。「基礎はeラーニングで演習は集合研修」「講師派遣とリモートを組み合わせる」など、複数の形式の併用もできますので、お気軽にご相談ください。

  • リモート集合研修
  • 実地での集合研修
  • 講師派遣
  • eラーニング

プロジェクトマネジメント系の研修を受けた企業からのコメント

株式会社JMC

研修を受講した社員たちは、JTB本社の大規模システムのディレクターとして、即戦力となって活躍しています。彼らはたった数か月でディレクションとは何かを明確に掴み、JMCの業務に則して自分たちなりの「答え」を出すことができたようです。
インタビューを見る

株式会社EPARKグルメ

講師の方は、実際にサイト制作やプロジェクトのディレクションをされるプロの目線から、プロジェクトマネジメントだけでなく、UI/UXの知識を交えたアドバイスをくださるため、研修終了後のサイト改修にあたっても大変役に立っています。
インタビューを見る

デジタル人材育成・研修について相談する

助成金で費用負担を軽減

インターネット・アカデミーのIT研修では、要件を満たすことで厚生労働省の人材開発支援助成金が利用できます。研修費用に対する経費助成と、受講中の賃金に対する賃金助成の両方が支給されます。

この助成金制度ではいくつかのコースが用意されており、研修目的に合わせて使用できる制度をご提案いたします。

経費助成+賃金助成
※eラーニングの場合、賃金助成は支給されません。
DX人材育成の研修で使える
事業展開等リスキリング支援コース
  経費助成 賃金助成 年間限度額
中小企業 75% 960(1人1時間) 1億
大企業 60% 480(1人1時間) 1億
新卒研修など幅広いテーマの研修で使える
人材育成支援コース
  経費助成 賃金助成 年間限度額
中小企業 45% 760(1人1時間) 1000万
大企業 30% 380(1人1時間) 1000万円

助成金を使った研修の事例紹介や、貴社が研修を行った場合に支給される助成額シミュレーションも承っています。お気軽にご相談ください。

助成金について相談する

IT研修・DX人材育成についてのご相談

法人サービスの電話お問合せ窓口
03-3341-3781
受付時間(平日・土日) 10時-21時

IT人材育成に精通したコンサルタントに無料でさまざまな相談をしていただけます。お気軽にご相談ください。

たとえばこんな相談ができます
  • 人材育成計画を立てるうえで、人材育成の事例などの話をとりあえず聞きたい
  • 助成金の使い方や、支給額のシミュレーションを知りたい
  • 自社の業務や受講者のレベルにあったカリキュラムを提案してほしい
会社名必須
部署名必須
お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
受講人数
開始時期
対象者
       
ご相談内容
個人情報の取扱いについて

個人情報の利用目的についてご同意いただいた場合のみ、「同意して進む」を押してください。

プライバシー保護のため暗号化通信を使用しています。
このページの上へ