インフラエンジニア研修サーバー・ネットワークを体系的に学習

インフラエンジニア研修では、サーバーやネットワークなどのITの基盤を支えるエンジニアとして必要な技術を学習します。

この研修では、Linuxサーバーの基本操作からサーバーの運用管理、社内ネットワークの設定、ルーティングなどネットワークについての知識を学習し、インフラの設計・構築・運用・保守の業務に携わるためのスキルを身につけます。

対象者

  • インフラエンジニアとしての業務に携わる方
  • 自社のサーバーやネットワーク管理業務に従事する社員の方
  • システムの発注や品質管理などの業務に携わる方

研修の目的

  • システム部門に配属する社員がサーバーの基礎知識を身につけることで、スムーズに業務に入ることができるようにしたい
  • サーバーやネットワーク管理を担当する社員がトラブル発生時に対応できるようにしたい
  • ディレクターなどの職種の方がサーバーやネットワークへの理解を深めることで、適切なディレクションをできるようにしたい

インフラエンジニア研修で学べること

インフラエンジニア研修では、Linuxサーバーの基本的なコマンド操作の方法から学習をはじめ、アクセス権限やユーザー管理、ソフトウェアのインストール方法、セキュリティに関わる知識や、サーバーの運用管理方法、トラブルシューティングなどについても理解を深めることができます。

また、ネットワークの各種プロトコルや関連用語などの基礎はもちろん、ルーティング、ネットワーク管理業務の進め方、トラブルや障害が発生した際の対処方法についても学ぶため、インフラエンジニアとしてサーバーやネットワークの管理業務が行えるようになります。

到達目標

  • サーバーやネットワーク管理の業務について理解し、トラブルや障害への対処ができるようになる
  • サーバーやネットワークの基本を知ることで、Webサービスやシステムの裏側の仕組みを理解できるようになる

カリキュラム内容

目次
  • サーバー
    Linuxの基礎
    • Linuxの基本操作
    • コマンド操作
    • ファイルとディレクトリ
    • ファイルの作成
    • ファイルの操作
    • ディレクトリの操作
    運用作業のコマンド
    • ファイルの内容を閲覧
    • コマンドを利用した処理
    • リンクファイルの作成
    • ファイル検索と実行パス
    アクセス権限とユーザー管理
    • 管理者でコマンド実行
    • ユーザーとパスワード管理
    • グループの管理
    • ファイルアクセス権と所有者
    • シャットダウン
    ソフトウェアのインストールと管理
    • クラス定義の基本
    • yumパッケージ管理
    • ソースコードからのインストール
    • ソフトウェアインストールの実践
    ネットワークの構築
    • ネットワークの基礎知識
    • IP(Internet Protocol)
    • TCPとUDP
    • ネットワーク設定
    パケットフィルタリング設定
    • パケットフィルタリングの概要
    • パケットフィルタリングの状況確認
    ネットワークトラブルシューティング
    • デーモン起動の設定
    • 時刻の設定
    • ネットワークトラブルシューティング
    システム運用業務
    • ログの確認とバックアップ
    • プロセスの概要
    • 定期的にプログラム実行
    • システム管理の日常業務シュミレーション
    Webサーバー
    • Apacheの設定
    • Apacheの高度な設定
    データベースサーバー
    • データベース設定
    • SQL
    • データベース連携
    システムリソース管理と緊急時対応
    • システムリソースの概要
    • システムの状況確認
    • sarによるリソース状況の記録と確認
    • リソースに関するトラブルシューティング
    • 緊急時のシングルユーザーへの切替
    • ハードウェア障害やシステム起動不能時対応
    Linuxインストール・LPIC試験対策
    • インストール方法
    • LPIC試験対策
  • ネットワーク(前半)
    通信プロトコルとネットワークアーキテクチャ
    • 通信プロトコル
    • ネットワークアーキテクチャ
    TCP/IP通信の流れ
    • 通信の主体
    • 階層ごとの通信経路
    通信プロトコルの役割
    • 転送プロトコル
    • 制御・管理プロトコル
    • アプリケーションプロトコル
    • データの呼び方
    ネットワークの全体構成の概要
    • ネットワークの全体構成例
    LAN
    • ネットワーク全体におけるLANの位置づけ
    • LANとは
    • LANケーブル
    レイヤ2スイッチ
    • レイア2スイッチとは
    • レイア2スイッチの全体像
    • スイッチとハブとの違い
    VLAN
    • VLANとは
    • VLANとブロードキャストドメイン
    • VLANのメリット
    • トランクリンク
    ルータ
    • ルータとは
    • ルータの位置づけ
    • ルータ機能
    • ルータ特徴
    • ルータの種類
    レイヤ3スイッチ
    • レイヤ3スイッチとは
    • レイヤ3スイッチの基本動作
    • レイヤ3スイッチの特徴と機能
    無線LAN
    • 無線LANとは
    • 無線LANの位置づけ
    • 無線LANの特徴と機能
    WAN
    • WANを学ぶ2つのポイントと、WANの位置づけ
    • WANとは
    • WANの構成要素
    • WANサービスの種類
    インターネット
    • インターネットの基本構造
    • インターネットVPN
    IPアドレスの概要
    • IPアドレスとは
    • IPアドレスの種類
    クラスフルアドレス
    • IPアドレスの構成
    • クラス
    • クラスフルアドレスとは
    • サブネットマスク
    • サブネッティング
    グローバルアドレスとプライベートアドレス
    • グローバルアドレス
    • プライベートアドレス
    TCP/IPの概要
    • TCP/IPモデルの各層の役割
    • 各階層のデータ形式
    • 各階層のデータの単位
    インターネット層の代表的なプロトコル
    • ARP
    • ICMP
    演習
    • 基本準備
    • オペレーションの基礎知識
    • コンフィギュレーションファイル
    ネットワーク(後半)
    トランスポート層のプロトコル
    • UDP
    • TCP
    アプリケーション層のプロトコル
    • クライアントとサーバーの関係
    • DNS
    • HTTP
    • SMTPとPOP3
    • Telnet
    • SNMP
    ルーティングの概要
    • ルーティングとは
    • ルータの機能
    ルーティングの動作
    • 最適ルートの学習
    • ルーティングのコンバージェンス
    • IPパケットの転送
    • ルーティングテーブルの検索
    • パケットを出力テーブルから送信
    ルート情報の登録の概要
    • 3種類のルート情報の登録
    直接接続
    • 直接接続のルート情報
    スタティックルート
    • スタティックルートによるルート情報の登録
    • スタティックルートの設定
    • スタティックルートの管理
    ルーティングプロトコル
    • ルーティングプロトコルによるルート情報の登録
    • ルーティングプロトコルによる情報交換
    • ルーティングプロトコルの設定
    • ダイナミックルートの管理
    スタティックルートとルーティングプロトコルの選択
    • スタティックルートのメリットデメリット
    • ルーティングプロトコルのメリットデメリット
    ルーティングプロトコルの分類
    • ルーティングプロトコルの適用範囲
    • ルーティングアルゴリズムによる分類
    • ネットワークアドレスの認識による分類
    ルート集約と最長一致検索
    • ルート集約とは
    • 集約ルートの生成
    • デフォルトルート
    • 最長一致検索(ロンゲストマッチ)
    システムの設定と確認
    • ホスト名の設定
    • 本体システム情報の確認
    • 装置本体のハードウェア構成の確認
    • ログを表示
    パスワードとtelnetの設定
    • 特権モード用パスワード
    • telnet用パスワード
    インターフェースの設定
    • インタフェースコンフィグレーションの概略
    • インタフェースの有効化/無効化
    • IPアドレスの設定
    • IPアドレスの変更と削除
    • インタフェースにコメントを記述する
    • インタフェースのカウンタをクリア
    • インタフェースに設定されたIPアドレスを確認
    ネットワーク管理
    • ping/拡張ping
    • tracerouteを実行する
    • 拡張tracerouteを実行する
    • Telnet接続
    障害時のデータ収集
    • 障害時のデータ収集
    • ネットワーク機器CPU使用率確認
※内容と研修費用は、企業様のご要望に応じてご提案致しますのでお問合せください。
時間数 44時間 (2時間×22回)
※「3か月間の長期で実施したい」「1週間の短期で実施したい」等、ご要望に応じて研修期間を調整することができます。
日程 随時開催可 (ご希望の日程でお問合せください)
研修スタイル
お問い合わせ・ご相談

この研修の関連資格

  • CCNA

研修の料金体系

研修の基本料金は受講者数に応じて決まります。また、カリキュラム内容をカスタマイズする場合や講師派遣をする場合、その他、英語研修や制作物を公開させたい等のご要望に応じて変動いたします。詳しくはぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

助成金のご活用

人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)は、労働者のキャリア形成を効果的に促進することを目的とした厚生労働省の制度です。この助成金を利用することで、研修費用のほか、受講時間などに対する賃金の助成を受けられる場合があります。

  • 助成額年内最大1,000万円

    年度内に最大1,000万円助成可能

  • 経費助成1人当たり最大50万円

    1人当たり最大50万円(大企業は1人当たり最大30万円)経費助成可能

  • 賃金助成1人1時間最大960円

    受講者1人1時間当たり960円(大企業は480円)賃金助成可能

※助成金利用には一定の条件がございます。詳しくは厚生労働省の人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)のページをご確認ください。

助成金申請のアドバイスを致します

助成金の申請方法がわからない、面倒だ、といった理由で助成金活用をあきらめないで下さい。インターネット・アカデミーでは実績のある社会保険労務士事務所の指導のもと、申請のアドバイスをいたしますので、お気軽にご相談ください。

助成金活用のご相談

研修実施例・企業様からの評価

オリンパス株式会社R&D・QARA機能担当タレントマネジメント ICTソフトウェア機能担当/HRビジネスパートナー マネージャー 玉澤康至 様R&D機能医療ネットワーク開発 佐藤智憲様

  • 若手・中堅社員
  • カスタマイズ
  • プログラミング・インフラ
  • Web制作
  • Webアプリ開発
  • デバックサポート
オリンパス株式会社

Web開発の内製化を目的として据えて、最初の実施が社内のJavaエンジニアとUIデザイナーのスキルアップ研修でした。その後、正式に内製化に切り替えるというタイミングで、不具合が起きた時のためのサポートを求めてデバックサポートの研修をお願いしました。そのタイミングでは、インターネット・アカデミーの研修に満足していたので他社検討は全くしませんでした。

オリンパス株式会社様の研修事例

カシオ計算機(株)ディレクター 山本幸司 様

  • 若手・中堅社員
  • Web制作
  • プログラミング・インフラ
  • カスタマイズ
カシオ計算機(株)

研修を振り返ると、私自身はもちろん他の社員も、楽しみながらWebの技術を学べたようです。インターネット・アカデミーの研修は教え方が体系化されていて、とても分かりやすかったですし、実践の部分に比重を置いたカリキュラムとなるようカスタマイズしていただきましたので、非常に有意義なものとなりました。

カシオ計算機(株)様の研修事例

(株)エイチ・アイ・エスWEB事業部 WEB制作チーム チームリーダー 伊藤伸 様

  • 若手・中堅社員
  • Web制作
(株)エイチ・アイ・エス

研修は、とにかく内容が濃かったです。講師の方がテキストに沿って話をするだけではなく、具体的な事例を元に知識や技術を教えてくださったので、スムーズに理解できた上に、実務にもすぐに活かすことができました。実際、研修で頂いた資料は、今でも仕事をしながら見ています。

また、研修後、業務効率化のための組織体制の見直しも行いました。これまで、社歴の長いリーダークラスの人がチームに指示を出す、というようななんとなくの役割分担をしていたのですが、研修を経てWeb独自の制作の流れを理解することができたので、現在では明確に役割分担をして、制作の精度を高めつつ、チーム全体のスピードアップを図ることまでできるようになりました。

(株)エイチ・アイ・エス様の研修事例

インターネット・アカデミーならではのポイント

現場の活きた知識が学べる

現場の活きた知識が学べる

インターネット・アカデミーは1995年に創業したIT専門スクールです。母体であるWeb制作会社の「IBJ」で培った経験やノウハウを余すところなく落とし込んだIT特化型カリキュラムと、20年以上積み重ねてきた教育ノウハウを提供しています。

さらに、インターネット・アカデミーは日本のスクール業界で唯一、Web業界の標準ルールを定める団体である「W3C」のメンバーとなっています。 その強みを活かし、標準ルールに沿った最新かつ正確なITリテラシーを身に付けられるのが大きな特徴です。

初心者にわかりやすい授業

初心者にわかりやすい授業

インターネット・アカデミーでは、「講師の質がわかりやすさに繋がる」という考えのもと、インターネット・アカデミーが定める認定プログラムに合格した講師のみが授業を担当できるライセンス制度を採用しています。

さらに、授業後に満足度をアンケートシステムでフィードバック頂いたものをWebサイトにリアルタイムで公開する「リアルタイムアンケート」を取り入れることで、常に顧客の声を取り入れながら授業の改善を行なっています。

これらの取り組みによって、パソコンが苦手な初心者でも安心して授業を受けることができ、さらに受講生の知識レベルに差があっても高い満足度を維持できるのが特徴です。

受講生全員が高い成果を出すための研修サポート

インターネット・アカデミーの研修は、人事担当者が新入社員研修の成果を判断できるよう、様々な成果物を提供しています。成果にフォーカスするからこそ、研修生は受け身ではなく自発的な学習に姿勢が変わり、新入社員の早期戦力化が実現できるのです。

  • 学んだスキルを形にオリジナルサイト制作
    システム開発自習

  • 研修による成長を可視化人材アセスメント
    シート

  • 一人ひとりの課題を見つける資格取得サポートおよび
    実力テスト

  • 受講者の理解不足を解消実力の底上げを図る
    復習タイム

  • ビジネスマナーや企画提案力など総合的なビジネススキル
    の向上

  • ITスキルと英語力を備えた講師英語による
    IT研修に対応

研修サポートをくわしく見る

関連するIT研修

法人向けIT研修のご相談

法人サービスの電話お問合せ窓口
03-3341-3781
受付時間(平日・土日) 10時-21時

御社のご要望に合わせて最適な研修プランを無料でご提案いたします。研修のご相談やお見積もり依頼等も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

2022年春の研修はお席が埋まりやすいため、新卒研修・助成金利用をご検討の方はお早めにお問い合わせください。

  • 1.情報の入力
  • 2.内容の確認
  • 3.送信完了
会社名必須
部署名必須
お名前必須
ふりがな必須
電話番号必須
メールアドレス必須
受講人数
開始時期
対象者
       
お問い合わせ内容
個人情報の取扱いについて

個人情報の利用目的についてご同意いただいた場合のみ、「同意して進む」を押してください。

プライバシー保護のため暗号化通信を使用しています。
このページの上へ