クラウドクラウド基礎研修クラウドの基礎知識からビジネス活用事例まで学ぶ

期待できる効果
  • クラウドや関連用語について理解を深め、商談の場で活かせるようなる
  • 自社に適したITサービスを導入できるようになる

クラウド基礎研修では、クラウドコンピューティングの基礎知識から実際の導入事例まで学習します。営業職や企画職などの非IT職の社員の方や、ITサービスの導入などに携わる方、DX化を推進するために社員全体のIT知識を底上げしたい企業様などにお勧めです。

さまざまな企業から選ばれています

Before

  • クラウドへの理解があいまいで、自社のビジネスでの活用イメージがわかなかった
  • 取引先や外注先が使っているIT用語がわからず、コミュニケーションがうまくいかなかった

After

  • 研修で新人エンジニアの技術理解が進んだことで、開発業務がスムーズに進み社内教育の負担も軽減された
  • クラウドの仕組みや関連用語を理解し、商談で的確な話ができるようになった
デジタル人材育成・研修について相談する

クラウド基礎研修の特徴

  • 特徴1体系的なクラウド知識を学べる
    実務に直結するスキルが身につく

    グループ会社の開発会社やIT業界団体の認定校ならではのIT教育の知見をカリキュラムに反映してるため、体系的なクラウド知識を学べます。

  • 特徴2研修のカスタマイズができる

    貴社の業務上の課題感や目的に合わせて、カリキュラムや研修スケジュールを柔軟にカスタマイズできます。お気軽にご相談ください。

  • 特徴3研修の成果が確認できる

    学習管理システム(LMS)での進捗管理はもちろん、日報、理解度テストの結果、開発した成果物など、様々な角度から研修効果を測定できます。

研修カリキュラム

クラウド基礎研修

クラウド基礎研修では、クラウドコンピューティングのしくみや、サーバーやネットワークの仮想化などの技術、SaaS・Paas ・IaaSなどの用語など、概論から学習を進めていきます。

また、クラウドサービスや事業者の事例、中小企業と大企業など、企業規模ごとのクラウドサービスの導入事例を学びます。さまざまな実例を学ぶことで、自社の業務効率化に適したITサービスを選定したり、自社のビジネスをクラウドで展開できるようになるなどの効果が期待できます。

社員のIT知識の底上げをしたい企業様や、自社のDX化のプロジェクトに携わる管理職の方などにお勧めの研修です。

対象者

  • IT知識を身につけたい営業職など非IT部門の社員の方
  • ビジネスにおけるクラウドの活用事例を知りたい方
  • 経営者や管理職など、ITサービスの導入やDX化についての判断を行う方

研修の目的

  • DX化を推進するために、クラウドサービスの導入事例や活用事例を学習したい
  • 社員のテクノロジーへの理解が浅くサービスの企画や提案の幅が狭いため、ITを学び提案力を高めたい
デジタル人材育成・研修について相談する
クラウド基礎
項目 内容
"クラウド"とは
  • クラウドコンピューティングとは
  • クラウドが登場した背景
  • クラウドコンピューティングの特徴
  • SaaS・Paas ・IaaS
  • 利用のメリットとデメリット
クラウドコンピューティング概要
  • サーバーの仮想化
  • ネットワークの仮想化
  • データセンター
様々なクラウドサービス
  • クラウドが提供するさまざまなサービス
  • クラウドサービス事業者
クラウドの導入
  • 中小企業のクラウド導入
  • 大企業のクラウド導入
  • クラウドサービスの利用パターン

時間数・日程

4時間 (2時間×2回)
※カリキュラム内容や時間数のカスタマイズができますので、お気軽にご相談ください。
※開催日程は貴社のご要望をお伺いしご提案いたします。

料金体系

受講者数や時間数に応じて変動します。また、カリキュラム内容のカスタマイズや講師派遣などのご要望に応じて変動いたします。ご予算にあわせてのご提案もできますので、お気軽にお問い合わせください。

この研修について相談する

受講形式

インターネット・アカデミーの研修は、さまざまな形式に対応しています。「基礎はeラーニングで演習は集合研修」「講師派遣とリモートを組み合わせる」など、複数の形式の併用もできますので、お気軽にご相談ください。

  • リモート集合研修
  • 実地での集合研修
  • 講師派遣
  • eラーニング

AWS系の研修を受けた企業からのコメント

中電技術コンサルタント株式会社

インターネット・アカデミーには数多くあるAWSの全サービスのうち、主要なものを厳選し、パッケージ化された魅力的なコースがありました。 座学だけだと実際にAWS環境を触るときに壁を感じてしまうため、現場で作業ができるように基本的な機能をAWSで構築して慣れておく、というのが今回の研修の目標でした。実際、研修ではサーバー構築する際にエラーが発生する場面もありましたが、講師の方が柔軟に対応してくださいました。
インタビューをみる

シャープディスプレイテクノロジー株式会社

短期間で、インフラからソフトウエア開発、プロジェクトマネジメントに至るまでのIT用語を理解し、先輩社員と齟齬なく会話ができる状態を最低レベルとして作りたいと思っていました。弊社は少人数で研修を受ける必要があったため、フレキシブルな日程で、我々が使うテクノロジーをカバーできるカリキュラムを用意してもらえるかどうかがポイントでした。
インタビューをみる

デジタル人材育成・研修について相談する

助成金で費用負担を軽減

インターネット・アカデミーのIT研修では、要件を満たすことで厚生労働省の人材開発支援助成金が利用できます。研修費用に対する経費助成と、受講中の賃金に対する賃金助成の両方が支給されます。

この助成金制度ではいくつかのコースが用意されており、研修目的に合わせて使用できる制度をご提案いたします。

経費助成+賃金助成
※eラーニングの場合、賃金助成は支給されません。
DX人材育成の研修で使える
事業展開等リスキリング支援コース
  経費助成 賃金助成 年間限度額
中小企業 75% 960(1人1時間) 1億
大企業 60% 480(1人1時間) 1億
新卒研修など幅広いテーマの研修で使える
人材育成支援コース
  経費助成 賃金助成 年間限度額
中小企業 45% 760(1人1時間) 1000万
大企業 30% 380(1人1時間) 1000万円

助成金を使った研修の事例紹介や、貴社が研修を行った場合に支給される助成額シミュレーションも承っています。お気軽にご相談ください。

助成金について相談する

IT研修・DX人材育成についてのご相談

法人サービスの電話お問合せ窓口
03-3341-3781
受付時間(平日・土日) 10時-21時

IT人材育成に精通したコンサルタントに無料でさまざまな相談をしていただけます。お気軽にご相談ください。

たとえばこんな相談ができます
  • 人材育成計画を立てるうえで、人材育成の事例などの話をとりあえず聞きたい
  • 助成金の使い方や、支給額のシミュレーションを知りたい
  • 自社の業務や受講者のレベルにあったカリキュラムを提案してほしい
会社名必須
部署名必須
お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
受講人数
開始時期
対象者
       
ご相談内容
個人情報の取扱いについて

個人情報の利用目的についてご同意いただいた場合のみ、「同意して進む」を押してください。

プライバシー保護のため暗号化通信を使用しています。
このページの上へ