情報セキュリティ入門研修ヒューマンエラーによるセキュリティ脅威を防ぐ

情報セキュリティ研修では、さまざまなサイバー攻撃の事例や情報漏洩が発生した場合のビジネス上のリスクなど、インターネット上の様々な脅威について学びます。社員の情報セキュリティのリテラシーを高めることで情報漏洩のリスクを低減することができます。

インターネット・アカデミーでは、一社一社のご要望やセキュリティ環境に合わせ、幅広いニーズに合わせた研修プログラムをご用意することができます。

対象者

  • 情報セキュリティについての知識が浅い社員の方
  • 新入社員の方

研修の目的

  • 社員が情報セキュリティについての理解が浅く情報漏洩リスクが高いため、リテラシーを高めたい
  • サイバー攻撃の実情や手段などを社員が学ぶことで、軽率な行動を抑止できるようにしたい

情報セキュリティ研修で学べること

情報セキュリティ研修では、インターネット上で行われている詐欺や、スマホアプリに潜む危険性、SNSに投稿するうえで自分自身に降りかかるリスクなど身近な事例から学習をはじめます。

そのうえで、様々なサイバー攻撃の手法や、フィッシングメールやフリーwifiを利用した手口、そこから生まれる被害など、実際に起きた事例をもとに情報セキュリティについての理解を深めていきます。

技術的な基礎用語やロジックについても学びますので、社員がサイバー攻撃の危険性とセキュリティの重要性をより深く理解できるようになります。

到達目標

  • 社員がサイバー攻撃の手口を知ることで、フィッシングメールなどの攻撃に備えられるようになる
  • SNSの投稿による炎上リスクや情報漏洩リスクを知ることで、軽率なSNS投稿のリスクを抑える

カリキュラム内容

目次
情報セキュリティ
ネット上のコンテンツ(動画、画像、引用)の著作権
  • インターネット上のコンテンツの利用についての知識とどういう問題になるかの事例紹介
ネット詐欺
  • 横行しているネットでの詐欺について、他人事だと思わない自覚
  • 詐欺についての正しい対応方法
SNSの使い方
  • 個人情報の発信注意(家の近くの写真、建物)
スマホの写真の位置情報
  • 写真撮影時の位置情報の埋め込みについて(+そこから漏れる情報と被害)
スマホアプリについて
  • スマホアプリの危険性
  • 何に気をつければいいか(レーティング、iOS安全神話の穴)
個人情報の漏洩について(普段の生活の中にも潜む危険)
  • 迷惑メールの対応でメールアドレスが特定!?
ITニュース
  • 過去情報セキュリティで大問題になった事例の紹介
セキュリティ(パスワード管理)
  • パスワード管理がなぜ必要か
  • パスワード強度について
ネットレビューの信頼度
  • レビューの信頼度について、怪しいレビューや商品の特徴
ネット広告の仕組み(Cookie追跡等)
  • Cookieについての説明
  • Cookie追跡等による広告表示方式の説明
ITKY(IT系の危険予知)
  • 普段のKY活動だけでなく、ITのKYを定期的に行う事で知識や事例の浸透をしたい
情報セキュリティの概要
  • 情報セキュリティの分類、情報資産
情報セキュリティの3大要素
  • 情報セキュリティの3大要素CIA
  • 新たに加わった情報セキュリティの要素
ウィルスの種類
  • ランサムウェア、マルウェア、アドウェア、トロイの木馬等々
  • ウィルスの種類の紹介と感染するとどうなるか
  • どのような被害(実害)があるか
インターネットの脅威(現状のハッカーの手口)
  • インターネットの危険性
  • フリーwifiについて(パスワードのないフリーwifiの危険性)
  • 代表的な手口(メールのURL、添付ファイル(エクセル等の業務に関係するファイル)
ウィルス感染時の対応(PC紛失時の対応など)
  • 私生活でコンピュータウィルス感染した場合の対応
  • PC、スマホ紛失時の対応(紛失前にしておくべき事)
※内容と研修費用は、企業様のご要望に応じてご提案致しますのでお問合せください。
時間数 8時間 (2時間×4回)
※「3か月間の長期で実施したい」「1週間の短期で実施したい」等、ご要望に応じて研修期間を調整することができます。
日程 随時開催可 (ご希望の日程でお問合せください)
研修スタイル
お問い合わせ・ご相談

この研修の関連資格

  • 情報処理安全確保支援士試験
  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • SPREAD情報セキュリティサポーター能力検定

研修の料金体系

研修の基本料金は受講者数に応じて決まります。また、カリキュラム内容をカスタマイズする場合や講師派遣をする場合、その他、英語研修や制作物を公開させたい等のご要望に応じて変動いたします。詳しくはぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

助成金のご活用

人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)は、労働者のキャリア形成を効果的に促進することを目的とした厚生労働省の制度です。この助成金を利用することで、研修費用のほか、受講時間などに対する賃金の助成を受けられる場合があります。

  • 助成額年内最大1,000万円

    年度内に最大1,000万円助成可能

  • 経費助成1人当たり最大50万円

    1人当たり最大50万円(大企業は1人当たり最大30万円)経費助成可能

  • 賃金助成1人1時間最大960円

    受講者1人1時間当たり960円(大企業は480円)賃金助成可能

※助成金利用には一定の条件がございます。詳しくは厚生労働省の人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)のページをご確認ください。

助成金申請のアドバイスを致します

助成金の申請方法がわからない、面倒だ、といった理由で助成金活用をあきらめないで下さい。インターネット・アカデミーでは実績のある社会保険労務士事務所の指導のもと、申請のアドバイスをいたしますので、お気軽にご相談ください。

助成金活用のご相談

セキュリティ系の研修の実施事例

東京コンピュータサービス株式会社

人事部長 実延啓様
研修前の課題
  • これまで社内で研修を実施してきたが、社内での内製化に限界を感じ、IT教育のプロに委託したいと思った
  • 一定水準以上のセキュリティ対策が出来る人材が不足している
実施したIT研修
  • サーバーアプリケーションのセキュリティ対策研修
研修事例の詳細をみる

日揮ホールディングス株式会社

グループ人財・組織開発部 人財開発チーム
寺田唯 様 黒木健人 様
研修前の課題
  • 社内のDX化推進に伴い一般的に必要とされるITリテラシーを向上させたい
実施したIT研修
  • DX時代に必要な、新入社員向けITリテラシー・情報セキュリティ基礎研修
研修事例の詳細をみる

インターネット・アカデミーならではのポイント

演習重視の研修で実践力が身につく

演習重視の研修
写真は演習用の機材を受講者に配布し、画面共有しながら行ったオンライン研修風景です。

インターネット・アカデミーでは、プログラミングやデザインの演習、ディスカッションなどアウトプットを重視した研修を行うため、実務で活かせるスキルが身につきます。オンライン研修でもコミュニケーションをはかれるインタラクティブな形式で演習を実施します。グループワークにも対応しているため、実地での研修と同様の教育効果が得られます。

御社に合わせたオーダーメイド研修

演習重視の研修

インターネット・アカデミーでは、御社の要望に合わせてカリキュラムのカスタマイズができます。情報セキュリティ入門研修のカリキュラムの調整はもちろん、御社の業務の状況に合わせてカリキュラムを組むこともできます。専門のITコンサルタントがご要望をお伺いしますので、お気軽にご相談ください。

学習管理システム(LSM)で研修効果をリアルタイムに測定

学習管理システム(LSM)

研修担当者の方が研修の管理や効果測定するための学習管理システム(LSM)をご利用いただけます。LSMにはさまざまな機能が備わっています。詳しくは学習管理システム(LMS)のページをご確認ください。

  • 課題ファイルの管理
    講師からの課題の提出状況を確認することができます。
  • 日報や評価の機能
    受講者の日報を確認したり、受講者毎のスキルや講師からのコメントをご確認いただけます。
  • 受講者のITレベルの測定
    ITリテラシーとITに対する意欲を測定するサービスを提供しています。分野ごとのレポートが確認できるため、受講者の方の得意分野・苦手分野の把握ができます。
  • スキルチェックテスト
    研修内容に合わせてオリジナルのテストを作成できます。研修前後の確認テストなどにも活用できます。
  • eラーニングとデジタルテキスト
    研修によっては、eラーニングやデジタルテキストを利用することもできます。

関連するIT研修

法人向けIT研修のご相談

法人サービスの電話お問合せ窓口
03-3341-3781
受付時間(平日・土日) 10時-21時

御社のご要望に合わせて最適な研修プランを無料でご提案いたします。研修のご相談やお見積もり依頼等も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

2022年春の研修はお席が埋まりやすいため、新卒研修・助成金利用をご検討の方はお早めにお問い合わせください。

  • 1.情報の入力
  • 2.内容の確認
  • 3.送信完了
会社名必須
部署名必須
お名前必須
ふりがな必須
電話番号必須
メールアドレス必須
受講人数
開始時期
対象者
       
お問い合わせ内容
個人情報の取扱いについて

個人情報の利用目的についてご同意いただいた場合のみ、「同意して進む」を押してください。

プライバシー保護のため暗号化通信を使用しています。
このページの上へ