C#・.NETC#プログラミング応用研修C#による開発演習からサーバーの知識まで学習

期待できる効果
  • ASP.NET MVCの基本を学び、アプリ開発ができるようになる
  • 現場配属された新入社員がスムーズに業務に入れるようにする
  • 外販システムの保守・運用の案件に携われるようになる

C#プログラミング応用研修では、MicrosoftのVisual Studioを使用してC#研修によるデスクトップアプリケーションの開発手法を学びます。また、ASP.NET MVCのアーキテクチャ構成・Razorの理解を深め、MVCデザインパターンをベースとしたWebアプリケーション開発についても習得することで、実際のアプリケーション開発力を育成します。

サーバーやネットワークの基礎知識についても学習するため、開発したプログラムが動作するインフラについての理解を深めたうえで、システム開発が行えるようになります。

さまざまな企業から選ばれています

Before

  • 新人エンジニアとのコミュニケーションや、先輩社員が教育に時間を割くうえでの負担が大きかった
  • 社内エンジニアのスキルのばらつきが大きく、開発効率が低かった

After

  • 研修で新人エンジニアの技術理解が進んだことで、開発業務がスムーズに進み社内教育の負担も軽減された
  • エンジニアのプログラミングスキルの底上げができ、開発効率が改善された
デジタル人材育成・研修について相談する

C#プログラミング応用研修の特徴

  • 特徴1実務に直結するスキルが身につく
    実務に直結するスキルが身につく

    知識のインプットだけでなく、実際にプログラミングでシステム開発する演習を行うため、実務に直結するスキルを身につけます。

  • 特徴2研修のカスタマイズができる

    貴社の業務上の課題感や目的に合わせて、カリキュラムや研修スケジュールを柔軟にカスタマイズできます。お気軽にご相談ください。

  • 特徴3研修の成果が確認できる

    学習管理システム(LMS)での進捗管理はもちろん、日報、理解度テストの結果、開発した成果物など、様々な角度から研修効果を測定できます。

研修カリキュラム

C#研修

C#プログラミング応用研修では、C#の基本文法から四則演算アプリなどのアプリケーション開発を通じてデスクトップアプリの開発方法を学習、さらにASP.NETの概要からASP.NET MVCの開発フローの学習、実際のWebアプリケーション開発などを行います。

開発演習では、コンソールで操作するRPGゲーム、保存から印刷まで基本的な機能を備えたテキストエディタ、Excelを操作するアプリケーション、本の貸し出しシステムや簡易ECシステム、簡易予約システムなど、オリジナルのシステム開発の演習も行います。

また、サーバーやネットワークの基礎知識についても学習するため、開発したプログラムが動作するインフラについての理解を深めたうえで、システム開発が行えるようになります。

対象者

  • C#を使用している開発現場に配属予定の方
  • 社内の業務効率化のためのデスクトップアプリを開発したい方

研修の目的

  • システム部門に配属予定の新人にC#の実践的な開発を学ばせ、スムーズに現場配属できるようにしたい
  • 自社の業務効率化を行うために、社内で自社専用のデスクトップアプリを開発できるようにしたい
  • プログラミングだけではなく、サーバーなどシステムに関する技術の知見を広く深く持たせたい
デジタル人材育成・研修について相談する
C#
項目 内容
C#とは
  • 用途、C、C++との違い
  • 環境構築(Visual Studio)
プロジェクト
  • プロジェクトの作成と構造
  • mainメソッド
  • Hello Worldの表示
  • 様々なコンソールへの出力
基礎文法1
  • 変数とデータ型
  • キャスト
  • 基本的な演算子
  • 配列
  • ループ処理1for文
  • ループ処理2while文
  • 配列の要素をループで順番に取得
  • 演習:文法トレーニング(コンソール出力、配列、ループ)
基礎文法2
  • 条件分岐1(if-else)
  • 条件分岐2(switch)
  • 複雑なループ処理(breakとcontinue)
  • 演習:文法トレーニング(ループと条件分岐の組み合わせ)
クラスの文法1
  • クラスとオブジェクトの概要
  • フィールド
  • 演習:名前を保持するクラスの作成とオブジェクト生成
クラスの文法2
  • メソッドの利用
  • 演習:足し算をするクラスの作成とオブジェクト生成
クラスの文法3
  • コンストラクター
  • アクセス修飾子とカプセル化
  • プロパティ
  • (参考)静的クラス
  • 演習:単純なRPGの作成1(キャラ作成)
  • 演習:単純なRPGの作成2(1回ランダムにダメージを与える)
  • 演習:単純なRPGの作成3(倒れるまでランダムにダメージを与える)
フォームアプリの基本
  • フォームアプリとは
  • プロジェクトの作成
  • Windowsフォームデザイナーとツールボックスの使い方
アプリ作成
  • テキストボックスの作成
  • ボタンの作成
  • ラベルの作成
  • 各種csファイルの構成確認
  • イベントハンドラの作成
  • 演習:足し算アプリの作成
  • 演習:おみくじアプリの作成
クラスの文法4
  • (復習)単純なRPGの作成(キャラ作成)
  • 継承
  • オーバーライド
  • オーバーロード
  • 抽象クラス
  • インターフェイス
  • 抽象クラスとインターフェイスの違い・使いどころ
  • 演習:継承を用いたRPGの作成
コレクション
  • コレクションとは
  • List
  • Dictionary
  • HashSet
  • 複雑なコレクションの操作(Listの各要素がDictionaryのパターン)
  • 演習:コレクションを用いたアルゴリズム問題1
  • 演習:コレクションを用いたアルゴリズム問題2
例外
  • 例外とは
  • 例外処理
日時の操作
  • 現在時刻の取得と表示
  • 任意の時刻を表示
  • 日の差分を求める
  • 時間・分・秒の差分を求める
ファイル操作
  • ファイル書き込み
  • ファイル読み込み
  • ファイルの存在確認
  • 新規ファイル作成
  • 演習:アクセスカウンターの作成(日時+アクセス数を書き込む)
アプリ作成
  • 釣りアプリの概要(複数スポットから1つ選んで魚を釣る。3回釣った合計点を出す)
  • 画面作成
  • 各クラスの作成(魚エンティティ、魚リスト、ゲーム、スポット)
ASP.NET
項目 内容
ASP.NETの概要
  • ASP.NETの全体像
  • Webフォームの問題点
  • ASP.NET MVC利用のための環境
ASP.NET MVCの基本1
  • プロジェクトの作成
  • コントローラーの基本
  • Hello world
  • ルーティングの基礎を理解する
  • ビューの基本
  • レイアウトの適用
ASP.NET MVCの基本2
  • モデルの基本
  • Entity Frameworkの概要
  • データ取得の基本
  • 演習 .NET MVCに慣れる
Scaffolding機能による開発
  • 一覧画面の作成(Indexアクション)
  • 詳細画面の作成(Detailsアクション)
  • 新規登録画面の作成(Createアクション)
  • 入力フォームの作成(Createアクション)
  • 編集画面の作成(Editアクション)
  • 削除画面の作成(Deleteアクション)
ビュー開発1
  • Razor構文
  • コードナゲット(インライン式)
  • 制御構文(コードブロック)
  • フォーム関連のビューヘルパー
  • モデルと関連付かないフォーム要素の生成
  • リンク/エンコード関連のビューヘルパー
ビュー開発2
  • フォームアプリケーションのコードの確認
  • ボタンクリック時のコードを書く
  • アプリケーション共通のデザインを定義する
  • レイアウトの設定
  • 部分ビューの基本
  • ビューエンジン
  • モバイル対応 - DisplayModes
モデル開発
  • データモデルの作成
  • マイグレーション
  • LINQとは
  • データベース連携
  • SQL命令を直接指定する
  • トランザクション処理を実装する
  • 入力値の検証
開発演習
  • 顧客管理システムの作成
  • オリジナルシステムの開発
  • 例:本の貸し出しシステム
  • 簡易ECシステム、簡易予約システム
C#開発演習
項目 内容
コンソールでRPG作成
  • 攻撃とゲームクリア・ゲームオーバー
  • 仲間と敵を増やす
  • 継承とオーバーライドの活用
  • 保存機能とレベルアップ
  • ゲーム性の向上
テキストエディタ開発
  • メニューの作成
  • 変数
  • リサイズ対応
  • 「名前を付けて保存」機能
  • 「上書き保存」機能
  • 「名前を付けて保存」機能
  • フォントの設定ダイアログ
  • 「アンドゥ」機能
  • クリップボードを利用する
  • 「印刷」機能
  • インストーラの作成
Excelの操作
  • シートの追加と削除
  • セルの書式設定
  • ファイルの入出力
  • 複数ファイルの操作
電卓アプリの開発
  • 要件確認
  • テンプレートの利用
  • 20個のボタンを配置、設定
  • リサイズ対応
  • フォントの設定ダイアログ
サーバー
項目 内容
Linuxの基礎
  • Linuxの基本操作
  • コマンド操作
  • ファイルとディレクトリ
  • ファイルの作成
  • ファイルの操作
  • ディレクトリの操作
運用作業のコマンド
  • ファイルの内容を閲覧
  • コマンドを利用した処理
  • リンクファイルの作成
  • ファイル検索と実行パス
アクセス権限とユーザー管理
  • 管理者でコマンド実行
  • ユーザーとパスワード管理
  • グループの管理
  • ファイルアクセス権と所有者
  • シャットダウン
ソフトウェアのインストールと管理
  • クラス定義の基本
  • yumパッケージ管理
  • ソースコードからのインストール
  • ソフトウェアインストールの実践
ネットワークの構築
  • ネットワークの基礎知識
  • IP(Internet Protocol)
  • TCPとUDP
  • ネットワーク設定
パケットフィルタリング設定
  • パケットフィルタリングの概要
  • パケットフィルタリングの状況確認
ネットワークトラブルシューティング
  • デーモン起動の設定
  • 時刻の設定
  • ネットワークトラブルシューティング
システム運用業務
  • ログの確認とバックアップ
  • プロセスの概要
  • 定期的にプログラム実行
  • システム管理の日常業務シュミレーション
Webサーバー
  • Apacheの設定
  • Apacheの高度な設定
データベースサーバー
  • データベース設定
  • SQL
  • データベース連携
システムリソース管理と緊急時対応
  • システムリソースの概要
  • システムの状況確認
  • sarによるリソース状況の記録と確認
  • リソースに関するトラブルシューティング
  • 緊急時のシングルユーザーへの切替
  • ハードウェア障害やシステム起動不能時対応
Linuxインストール・LPIC試験対策
  • インストール方法
  • LPIC試験対策

時間数・日程

62時間
※カリキュラム内容や時間数のカスタマイズができますので、お気軽にご相談ください。
※開催日程は貴社のご要望をお伺いしご提案いたします。

料金体系

受講者数や時間数に応じて変動します。また、カリキュラム内容のカスタマイズや講師派遣などのご要望に応じて変動いたします。ご予算にあわせてのご提案もできますので、お気軽にお問い合わせください。

デジタル人材育成・研修について相談する

受講形式

インターネット・アカデミーの研修は、さまざまな形式に対応しています。「基礎はeラーニングで演習は集合研修」「講師派遣とリモートを組み合わせる」など、複数の形式の併用もできますので、お気軽にご相談ください。

  • リモート集合研修
  • 実地での集合研修
  • 講師派遣
  • eラーニング

Web開発会社の開発・マネジメントのノウハウをカリキュラム化現場の実務が研修で学べる

インターネット・アカデミーのグループ会社ではWeb開発・Saasサービスを手掛けています。実務で用いられている開発ノウハウをカリキュラム化し、研修で還元しています。

理解度チェック・アセスメントなど学習効果を可視化できる学習管理システム(LMS)

インターネット・アカデミーの学習管理システム(LMS)では「研修後の知識定着度を可視化したい」「社内報告のためのアセスメントがほしい」など、研修担当者の悩みにこたえる機能を搭載。学習の進捗管理から、さまざまな角度からの研修効果測定が行えます。

  • 研修テーマごとに受講した社員の理解度をダッシュボードで確認できます。
  • テストの結果を元に社員ごとのスコアをグラフで可視化。社内の平均スコアとの比較もできます。
  • 受講態度や理解度といった講師からのフィードバックによる定性評価にも対応しています。

C#・C言語系の研修を受けた企業からのコメント

EDWIN

私が信頼しているエンジニアの方々から「インターネット・アカデミーの研修はとてもよい」と進めていただいたことが一番の決め手でした。評判通り、研修の質が高く、インストラクターの方が丁寧に1からC#の解説をしてくださったので、とてもよかったです。
インタビューを見る

工機ホールディングス株式会社

文系出身の新入社員2名はIT初心者だったのですが、基本から学べるコースでしたので、初めて習った言語やサーバーなどインフラ系の内容も理解ができたと言っていました。講師の方に丁寧にフォローしていただき、理解を深める事が出来たようです。
インタビューを見る

デジタル人材育成・研修について相談する

助成金で費用負担を軽減

インターネット・アカデミーのIT研修では、要件を満たすことで厚生労働省の人材開発支援助成金が利用できます。研修費用に対する経費助成と、受講中の賃金に対する賃金助成の両方が支給されます。

この助成金制度ではいくつかのコースが用意されており、研修目的に合わせて使用できる制度をご提案いたします。

経費助成+賃金助成
※eラーニングの場合、賃金助成は支給されません。
DX人材育成の研修で使える
事業展開等リスキリング支援コース
  経費助成 賃金助成 年間限度額
中小企業 75% 960(1人1時間) 1億
大企業 60% 480(1人1時間) 1億
新卒研修など幅広いテーマの研修で使える
人材育成支援コース
  経費助成 賃金助成 年間限度額
中小企業 45% 760(1人1時間) 1000万
大企業 30% 380(1人1時間) 1000万円

助成金を使った研修の事例紹介や、貴社が研修を行った場合に支給される助成額シミュレーションも承っています。お気軽にご相談ください。

助成金について相談する

IT研修・DX人材育成についてのご相談

法人サービスの電話お問合せ窓口
03-3341-3781
受付時間(平日・土日) 10時-21時

IT人材育成に精通したコンサルタントに無料でさまざまな相談をしていただけます。お気軽にご相談ください。

たとえばこんな相談ができます
  • 人材育成計画を立てるために人材育成の事例などをとりあえず聞きたい
  • 助成金の使い方や、支給額のシミュレーションを知りたい
  • 自社の業務や受講者のレベルにあったカリキュラムを提案してほしい
会社名必須
部署名必須
お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
受講人数
開始時期
対象者
       
ご相談内容
個人情報の取扱いについて

個人情報の利用目的についてご同意いただいた場合のみ、「同意して進む」を押してください。

このページの上へ