IoT研修IoT機器を制御するアプリを開発

IoT研修

先端IT技術として注目を集めているIoT。この研修では、IoT家電やスマートメーターなどを制御するための国際規格である「ECHONET Lite」を用いたIoTアプリケーションの開発を行います。設計やプログラミング、ネットワークなど、アプリケーション開発に欠かせない知識を基礎から学習します。授業ではアプリケーション開発の実習を行い、実際のIoT対応機器を制御することができます。

対象者

  • IoT家電やスマートホームと連携したアプリ開発を行う方
  • ハウスメーカーなどECHONET Liteに関わる事業を行っている企業の社員の方
  • SDGsに対応したアプリ開発を行いたい方

研修の目的

  • IoTアプリ開発のニーズに対応できるようにしたい
  • エネルギー問題に貢献するIoTアプリの開発や、サービス提供をしたい方
  • ECHONET Liteに関わる事業を行っているため社員に基礎知識を学ばせたい

IoT研修で学べること

インターネット・アカデミーは、IoT時代の家電・設備機器などを連携させるための国際的な通信規格「ECHONET Lite」を推進するエコーネットコンソーシアムの会員企業です。この研修カリキュラムは、ECHONET Lite対応機器の認証を行っている神奈川工科大学スマートハウス研究センターと共同で開発しました。

研修では、世界的な問題であるエネルギー問題と、その対策のひとつとなるIoTの関連について学習したうえで、技術的な理解を深めていきます。この研修では、IoT家電の実機を制御するアプリを開発します。開発はNode-REDによるローコード開発で行いますので、ローコード開発ツールへの理解も深めることができます。

到達目標

  • IoT機器を制御するアプリ開発ができるようになる
  • IoTの概念と、ネットワークやプログラミングなど関連技術の知識への理解が深まる
  • エネルギー問題に貢献するためのIoTサービスの企画立案ができるようになる

カリキュラム内容

目次
IoT
IoTと講座の概要
  • IoTとはなにか
  • IoT講座の内容
ネットワークの基礎
  • ネットワークとはなにか
  • OSI参照モデル
  • IP
  • TCPとUDP
  • 通信状況を確認するためのコマンド
Webが表示される仕組み
  • クライアントサーバーシステム
HTMLの基本
  • HTMLの基本文法
  • HTMLの基本要素(文章関連)
  • コントローラーで用いるHTMLの要素
  • パス
IP・TCP・UDPの応用
  • IPアドレスの構造
  • 特殊なIPアドレス
  • サブネット
  • TCPやUDPで用いるポート番号
ヘッダと「データ」の呼び方
  • ヘッダ
  • 「データ」の呼び方
ECHONETLite入門
  • ECHONETLiteの基本
  • SSNGを用いた実践演習
  • ECHONETLteフレームの構造
AppendixViewer
  • AppendixViewer
ECHONETLiteコントローラーの開発環境と開発言語
  • Node-REDの概要
  • JavaScriptという言語
  • Node.jsの役割
JavaScriptのオブジェクトとデータ
  • オブジェクトとは何か
  • コンソール出力
  • JavaScriptの基本文法
  • 変数・配列・オブジェクトの作り方
制御構文
  • データ型
  • for文
  • if文
  • let演算子とconst演算子
関数とイベントハンドラ、メソッド
  • ユーザー定義関数
  • イベント
  • オブジェクトについてのまとめ
JavaScriptでHTMLを操作する方法
  • documentオブジェクト
  • CSSの基本文法
  • querySelectorAll()メソッド
  • innerHTMLプロパティ
  • styleプロパティ
Webサーバー実習
  • HANのネットワーク構成とサーバーの役割
  • Apacheを用いたサーバー構築
  • Node.jsを用いたサーバー構築の役割
  • Node-REDを用いたサーバー構築
IoT機器の操作準備
  • 必要なネットワーク知識
  • IP通信の基礎
  • IPアドレスの確認
ECHONET Lite対応機器の操作
  • 空気清浄機の操作
  • SSNG for Node.jsを用いた実践演習
  • ECHONET Liteフレームの構造
  • ノードプロファイルオブジェクトと機器探索
デバイスエミュレーター
  • デバイスエミュレーター
Node-REDの操作方法
  • Node-REDの基本操作
  • データの保存と読み込み
CSS自習
  • 基本文法
  • 基本のプロパティ
  • 基本のセレクター
Node-REDでのJavaScript記述
  • テンプレートノード
Node-REDでのECHONET Liteフレーム送信
  • ECHONET Liteフレームの送信
  • functionノードを用いたJavaScript記述
Ajaxによる非同期通信
  • Ajaxとは何か
  • XMLHttpRequestオブジェクト
  • Ajaxの実装(起動機能)
  • 風量調節機能の実装
REST
  • RESTの概要
GETコマンド実装
  • グローバルスコープコンテキスト
  • GETコマンド実装
外部サービスとの連携
  • Gmailとの連携
  • OpenWetherAPIとの連携
※内容と研修費用は、企業様のご要望に応じてご提案致しますのでお問合せください。
時間数 8時間 (2時間×4回)
※「3か月間の長期で実施したい」「1週間の短期で実施したい」等、ご要望に応じて研修期間を調整することができます。
日程 随時開催可 (ご希望の日程でお問合せください)
お問い合わせ・ご相談

研修の料金体系

研修の基本料金は受講者数に応じて決まります。また、カリキュラム内容をカスタマイズする場合や講師派遣をする場合、その他、英語研修や制作物を公開させたい等のご要望に応じて変動いたします。詳しくはぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

助成金のご活用

人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)は、労働者のキャリア形成を効果的に促進することを目的とした厚生労働省の制度です。この助成金を利用することで、研修費用のほか、受講時間などに対する賃金の助成を受けられる場合があります。

  • 助成額年内最大1,000万円

    年度内に最大1,000万円助成可能

  • 経費助成1人当たり最大50万円

    1人当たり最大50万円(大企業は1人当たり最大30万円)経費助成可能

  • 賃金助成1人1時間最大960円

    受講者1人1時間当たり960円(大企業は480円)賃金助成可能

※助成金利用には一定の条件がございます。詳しくは厚生労働省の人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)のページをご確認ください。

助成金申請のアドバイスを致します

助成金の申請方法がわからない、面倒だ、といった理由で助成金活用をあきらめないで下さい。インターネット・アカデミーでは実績のある社会保険労務士事務所の指導のもと、申請のアドバイスをいたしますので、お気軽にご相談ください。

助成金活用のご相談

先端テクノロジー系の研修の実施事例

株式会社横河ブリッジ

生産本部 大阪工場 工務課 主任
木村 公亮 様
研修前の課題
  • AIによる自動化、作業効率化が求められるが、部署をまたいだIT活用の連携がうまくできていない
実施したIT研修
  • IT基礎研修
  • AIプログラミング研修
研修事例の詳細をみる

株式会社ベルメゾンロジスコ

代表取締役社長 犬山直輝様
研修前の課題
  • EC事業者に対しカスタマーサクセスを最大化する提案ができる人材を育てたい
  • 物流センターに蓄積される豊富なデータを十分に活用できていない
  • コロナの影響と立地の関係によりオンラインで研修を実施したい
実施したIT研修
  • ITリテラシー研修
  • PythonのWebスクレイピング研修
  • ツールを使ったIoTセッション
研修事例の詳細をみる

インターネット・アカデミーならではのポイント

演習重視の研修で実践力が身につく

演習重視の研修
写真は演習用の機材を受講者に配布し、画面共有しながら行ったオンライン研修風景です。

インターネット・アカデミーでは、プログラミングやデザインの演習、ディスカッションなどアウトプットを重視した研修を行うため、実務で活かせるスキルが身につきます。オンライン研修でもコミュニケーションをはかれるインタラクティブな形式で演習を実施します。グループワークにも対応しているため、実地での研修と同様の教育効果が得られます。

御社に合わせたオーダーメイド研修

演習重視の研修

インターネット・アカデミーでは、御社の要望に合わせてカリキュラムのカスタマイズができます。IoT研修のカリキュラムの調整はもちろん、御社の業務の状況に合わせてカリキュラムを組むこともできます。専門のITコンサルタントがご要望をお伺いしますので、お気軽にご相談ください。

学習管理システム(LSM)で研修効果をリアルタイムに測定

学習管理システム(LSM)

研修担当者の方が研修の管理や効果測定するための学習管理システム(LSM)をご利用いただけます。LSMにはさまざまな機能が備わっています。詳しくは学習管理システム(LMS)のページをご確認ください。

  • 課題ファイルの管理
    講師からの課題の提出状況を確認することができます。
  • 日報や評価の機能
    受講者の日報を確認したり、受講者毎のスキルや講師からのコメントをご確認いただけます。
  • 受講者のITレベルの測定
    ITリテラシーとITに対する意欲を測定するサービスを提供しています。分野ごとのレポートが確認できるため、受講者の方の得意分野・苦手分野の把握ができます。
  • スキルチェックテスト
    研修内容に合わせてオリジナルのテストを作成できます。研修前後の確認テストなどにも活用できます。
  • eラーニングとデジタルテキスト
    研修によっては、eラーニングやデジタルテキストを利用することもできます。

エコーネットコンソーシアム共同開発のIoTカリキュラム

インターネット・アカデミーは、IoT機器やスマートメーターを制御するための国際規格「ECHONET Lite」の開発・標準化を行っているエコーネットコンソーシアムの認定教育機関です。エコーネットコンソーシアムWGの一員として、IoTに関する講演やECHONET IoTマスター制度の講座開発も担当しており、IoT研修のカリキュラムにもそのノウハウが活かされています。

関連するIT研修

法人向けIT研修のご相談

法人サービスの電話お問合せ窓口
03-3341-3781
受付時間(平日・土日) 10時-21時

御社のご要望に合わせて最適な研修プランを無料でご提案いたします。研修のご相談やお見積もり依頼等も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

2022年春の研修はお席が埋まりやすいため、新卒研修・助成金利用をご検討の方はお早めにお問い合わせください。

  • 1.情報の入力
  • 2.内容の確認
  • 3.送信完了
会社名必須
部署名必須
お名前必須
ふりがな必須
電話番号必須
メールアドレス必須
受講人数
開始時期
対象者
       
お問い合わせ内容
個人情報の取扱いについて

個人情報の利用目的についてご同意いただいた場合のみ、「同意して進む」を押してください。

プライバシー保護のため暗号化通信を使用しています。
このページの上へ