ママが元気になれば、
子どもたちも幸せに。
IT業界で活躍できる
シングルマザーの人材育成

IT研修実績 認定NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ
認定NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ
認定NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ

認定NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長 赤石千衣子様
IT事業責任者 小原光弘様

1980年、児童扶養手当制度を改善するためにシングルマザーが集まり任意団体として発足。その後活動を広げ、2002年にNPO法人に。2018年には東京都より公益性の高い団体として認められて「認定NPO法人」となり、現在に至る。「ママが元気になれば、子どもたちも幸せに。」をビジョンに、シングルマザーが子どもと一緒に明るく楽しく生きられるように、シングルマザーを勇気づけ、社会で活躍できる支援を行っている。

研修データ

研修内容
LPIC研修(シングルマザー向け就労支援プロジェクト「わたし耀く」の一環として)
受講者の職種・属性
就転職を目指すシングルマザー15名
研修の目的
より専門的なITスキルを身につけ、就転職を成功させてほしい
IT職種への就転職支援を展開していきたい
課題
  • 新型コロナウイルス感染拡大により、生活難に陥るシングルマザーが増加している
  • 雇用の安定などが見込まれるIT職種への就転職支援体制が不十分
解決策
  • LPICの資格取得を目指す研修を実施
  • Zoomを使ってオンラインで実施
効果
  • 受講生が正社員として転職に成功

シングルマザーと子どもたちが元気になるように、さまざまな活動を行っている認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ。無料メルマガ会員数は7000人以上にも及ぶ。2020年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で困窮するひとり親家庭が増加する中、雇用の安定などが見込まれるIT職種への就転職支援を展開していきたいという想いから「わたし耀く」プロジェクトを始動。同プロジェクトにおいてオンライン上でのITスキル・資格取得の研修をインターネット・アカデミーにご依頼いただいた。同団体の理事長である赤石様とIT事業責任者の小原様に、プロジェクト実施の背景やスクール選定の理由などについてお話を伺った。

研修実施の経緯
IT職種への就労を支援する
「わたし耀く」プロジェクト

IT職種への就労を支援する「わたし耀く」プロジェクト

― まず、貴団体の活動内容を教えていただけますでしょうか。

赤石様

日本のひとり親家庭は、経済的に困難を抱え、かつ、社会的にも孤立しやすいという現状があります。弊団体は、まずお母さんが元気になることが子どもたちにも良い影響を与えると考えており、「ママが元気になれば、子どもたちも幸せに。」というビジョンのもと、シングルマザーが中心となってひとり親家庭を支援する事業をいくつも展開しています。

例えば、シングルマザーキャリア支援プログラム「未来への扉」では、世界最大手の化粧品会社ロレアルグループの日本ロレアル株式会社様と連携して就労支援を行っています。また、シングルマザーのための相談事業「ママカフェ・ほっとサロン」では、先輩シングルマザーの経験を聞いたり、悩みを話したりできるような空間を提供しています。ママカフェのような交流できる場を設けることで、シングルマザーの社会的な孤立を防ぐことにつながるのではないかと考えています。そのほか、セミナー事業や情報提供事業などを通じた支援も行っています。

― 今回はどのような経緯で研修をご依頼いただいたのでしょうか。

小原様

シングルマザーの方に対して、IT職種への就転職支援を充実させていきたいという想いがありました。シングルマザーのほとんどの方は事務職への就職を希望されるのですが、事務職の有効求人倍率は0.25倍(※)と非常に低く、正社員としての採用を勝ち取ることが難しいという現状があります。

一方、IT職種の有効求人倍率は3.29倍(※)ですし、今後産業構造が大きく変わっていく中で、IT職種は比較的に雇用が安定するのではないかと考えられます。そこで「わたし耀く」プロジェクトと題し、シングルマザーに向けたオンラインITスキル・資格取得スクールの授業をインターネット・アカデミーにお願いしました。

赤石様

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、これまでより生活が苦しくなったシングルマザーの方が増加しています。弊団体が運営する無料のメールマガジンの会員数も、コロナ禍に急増しました。アフターコロナに社会が大きく変化していくことを考えると、ITスキルをもっていない方たちはこの変化に乗り遅れてしまうのではないかと感じました。
そのため、シングルマザーの方たちにITスキルを身につけていただき、アフターコロナに活躍できるようになる、そんな支援を考えて「わたし耀く」プロジェクトがスタートしました。

     

― 今回はどのような経緯で研修をご依頼いただいたのでしょうか。

小原様

インターネット・アカデミーには、「わたし耀く」プロジェクトのオンラインITスキル・資格取得スクールとして、インフラエンジニアのスキル証明になるLPICレベル1の資格取得を目指すオンライン授業の実施を依頼しました。プロジェクトに参加されるシングルマザーの方たちには、IT職種への転職に向けたファーストステップとして、IT資格の取得を目標に頑張って勉強していただくことになりました。

NHK番組「あさイチ」にて研修の様子が紹介されました!

NHK番組「あさイチ」では、コロナ禍により経済的な不安を抱える家庭が増えていることから、生活に困ったときに利用できる公的支援制度を特集。その中で、しんぐるまざあず・ふぉーらむ様の「わたし耀く」プロジェクトの取り組みとともに、インターネット・アカデミー講師がシングルマザーの方々に向けてZoomで研修を行う様子が放送されました。

インターネット・アカデミーを選んだ理由
25年の実績と、女性を応援する想いに
共感したことが決め手

25年の実績と、女性を応援する想いに共感したことが決め手

― インターネット・アカデミーを「わたし耀く」プロジェクトのスクールにお選びいただいた理由を教えてください。

小原様

スクール選定にあたって色々な企業様とお話をさせていただきました。その中から、最終的にインターネット・アカデミーを選定した理由としては、25年もの歴史があり信頼できると感じたからです。また、インターネット・アカデミーは「MamaEdu(ママエデュ)」プロジェクトなど、ママになっても活き活きと働き続けたいと願う女性を応援する取り組みを行っているというお話を伺いました。女性を応援したいという「想い」の部分で、弊団体と通ずるものがあると感じたことも理由の1つですね。

― 授業は進行中ですが、受講生の方々の様子はいかがでしょうか。

小原様

最初は「難しい」「ちゃんと授業についていけるのか不安」などの声がありましたが、授業を進めていくうちに少しずつ理解できるようになり楽しくなってきた、といった感想も出てきていますね。

赤石様

授業中に積極的に質問してくださる方がいらっしゃったり、受講生間で情報交換をする場面が増えてきたりなど、良い雰囲気が生まれていると感じています。ただ、子育てと授業の両立には、皆さんとても苦労されていると思っています。もう少し受講生の皆さんの負担を軽減できる方法があるのではないかと色々考えているところです。

オフライン・オンラインそれぞれに良さがありますので、今後は使い分けていきたいですね。

研修の効果と今後
シングルマザーが社会で活躍できるように、
支援を充実させていきたい

― 今回の研修は実務でどのように活かされていますか。

小原様

すでに1名の受講生が正社員としての転職を成功させました。今回のプロジェクトをきっかけに転職が決まったので、まずは成果が出てよかったと感じています。プロジェクトは継続中で、現在はLPIC資格取得の対策を行っています。最終的には受講生15名全員がLPICの資格を取得できるように進めていきたいですね。

赤石様

受講生の皆さんのITスキルに対する意識が良い方向に向かっているように感じています。子育てと勉強の両立はとても大変だと思いますが、資格取得に向けて最後まで頑張ってほしいです。

― 最後に、貴団体の今後のビジョンを教えてください。

小原様

LPIC資格の取得や転職は、スタート地点に立っただけに過ぎません。しっかりと仕事に定着し、収入を安定させ、さらには子育てとの両立を達成させていくなど、クリアしなければならないことはその先にたくさんあります。シングルマザーの方々が安心安全な仕事に就けるように、今後も全力でサポートしていきたいと思います。

赤石様

子どもたちに十分な教育を受けさせてあげたいなど、色々なことを考えていらっしゃるシングルマザーの方は多いと思います。そのような想いを実現させるためには、まず「ママ」が社会で活躍することが大切です。シングルマザーの方々には、社会が求めているスキルをしっかりと身につけて存分に活躍してもらいたいと思っているので、引き続き充実した支援を行っていきたいです。

受講者の半数以上がAWS環境構築のチームに参加

自社にぴったりの研修をお探しの方へ
まずは無料相談・お問い合わせください。

インターネット・アカデミーでは、研修内容を弊社が提供する講座から自由にお選びいただくのはもちろん、御社専用にカスタマイズ、カリキュラムを作成することも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3341-3781受付時間 10:00~21:00

sdgs
このページの上へ