正露丸、クレベリンなどを製造・販売する大幸薬品
マーケティングの力で、アジアを代表する総合除菌ブランドへ

IT研修実績 大幸薬品株式会社
大幸薬品株式会社
大幸薬品株式会社

大幸薬品株式会社柴田穣 様:海外事業部 部長
気田真利江 様:海外事業部 マネージャー

ウイルス除去・除菌の「クレベリン」や胃腸薬「正露丸」でおなじみの製薬会社。グローバルマーケットにも本格的に参入しており、北米やアジアなどで幅広く展開している。また、コロナ禍により急速に伸びていくと予測される空間除菌市場の開拓にも力を入れており、「クレベリン」を通じたウイルス感染予防の普及活動も行っている。

研修データ

研修内容
Webマーケティング講座の8回分×2時間
研修の目的
・海外でのWebマーケティング支援を強化する
・ウイルスを除去・除菌する商品「クレベリン」の海外での知名度を上げる
受講者の職種・属性
10名
課題
  • Webマーケティングに対して苦手意識を持つスタッフが一定数いる
  • Webマーケティングに対するノウハウや知識が少ない
  • 海外の代理店やエンジニアと仕事をする上で優位な交渉ができるようになりたい
解決策
  • 初めての人にも理解しやすいWebマーケティングの概論研修を実施
  • 実際に現場で使えるアクセス解析基礎などの研修を実施
  • 広告運用だけではなくSNSマーケティングの研修も実施
効果
  • 一部の層に見られたWebマーケティングへの苦手意識を解消できた
  • 広告代理店にも一歩踏み込んだ提案ができるようになった
  • ケーススタディが具体的だったので海外市場に応用できるノウハウを学べた

ウイルス除去・除菌の「クレベリン」や胃腸薬「正露丸」でおなじみの大幸薬品株式会社は、国内市場・海外市場ともに「クレベリン」や「正露丸」の新規顧客開拓の販促に力を入れている。今回は海外事業部のマーケティング力を強化すべく、インターネット・アカデミーに研修をご依頼いただいた。その経緯や感想を、海外事業部 部長の柴田さまと海外事業部 マネージャーの気田さまに伺った。

研修実施の経緯
海外での販促強化に向けたWebマーケティング研修

海外での販促強化に向けたWebマーケティング研修

― はじめに、御社の事業内容を教えていただけますでしょうか。

柴田様

大幸薬品は企業理念とし、“「自立」、「共生」、「創造」を基本理念とし、世界のお客様に健康という大きな幸せを提供します”ということを掲げています。また、健康社会の「ないと困る」を追究する、というスローガンを体現する弊社の人気商品「正露丸」は、日本で非常に高い知名度を誇る胃腸薬です。「正露丸」の強みは、木クレオソート製剤を主成分としていて、使用用途を選ばず、全てのタイプの下痢に使用できるところです。
一方、グローバルマーケットでスタンダードになっている胃腸薬は、ウイルス性の下痢などには対応できないという弱点があるのです。脱水による下痢は、世界の5歳未満の子どもの死因第2位であり社会問題にもなっていますので、「世界中の人々に安全安心を届ける」をポリシーに、世界中に「正露丸」を届けていきたい、というのが我々の大きなビジョンです。

また、最近はコロナ渦の外部環境変化により、で消費者の衛生意識が増加し、空間除菌市場が注目されています。やがて、安全安心の空気を求める時代になるでしょう。現在WHOはワクチン接種を推奨していますが、ワクチンは感染の重症化を防ぐことはできても、感染前の予防にはならないのが現状です。弊社の商品である「クレベリン」は、「手洗い・マスク・うがい」では予防しきれない空気中の浮遊ウイルスを除去・除菌することができます。「手洗い・マスク・うがい・クレベリン」で感染前の予防になるよう、「クレベリン」を世界に普及させていくことも我々のダブルミッションです。

― 今回はどのような経緯で研修をご依頼いただいたのでしょうか。

気田様

海外で弊社商品の認知度を上げ購買してもらうには、今の時代、テレビやラジオよりもオンラインで広告を出し、PRしていく必要があります。しかし、オンラインでのマーケティングに精通した人材は、弊社の海外事業部にはいませんでした。もちろん、外部から人材を採用することもできますが、社員の個々が能力や知識を身につけ、海外の広告会社やエンジニアと渡り合っていくための土台を作りたいという思いもあり、今回Webマーケティング研修を依頼させていただきました。

インターネット・アカデミーを選んだ理由
決め手は柔軟性。現場で活かせる研修を実現できた

決め手は柔軟性。現場で活かせる研修を実現できた

― インターネット・アカデミーを研修先にお選びいただいた理由をお聞かせください。

柴田様

まず、検索エンジンで一番上に出てきたことですね。最適なSEO対策がされているということですので、Webマーケティング研修を依頼する身として安心感がありました。
最終的な決め手は、依頼したときの柔軟性ですね。値段や受講人数などいろいろと相談したのですが、我々のニーズを汲んで臨機応変に応えていただけました。研修は一方通行の内容だけを提供されても現場で活かせないので、柔軟性があるかどうかはとても重要なポイントでした。

― 実際に研修を受けてみていかがでしたか。

気田様

全8回のWebマーケティング研修を受講させていただきましたが、広告の分析がとても勉強になりました。特に海外ではGoogleを使う国が多いので、Google Analyticsを使った分析方法や、広告のターゲットの選定方法などを細かく教えていただけてよかったです。また、Webマーケティングに関わったことがない社員からの質問にも、丁寧に対応いただけて助かりました。

― 研修の効果はどのように感じていらっしゃいますか。

柴田様

一部の社員が感じていたWebマーケティングへの苦手意識をなくすことができたかなと思います。今までは、マーケティングの手法がデジタルにシフトしていく中で、本来追わなければならない指標や入札の仕組みがよくわからず、苦手意識を持っている人が多かった印象がありました。しかし研修を受けて、例えば代理店との打ち合わせでも、CPAをいくらで設定するか、この広告は認知を上げるものか、理解を上げるものか等、一段踏み込んだ質問や管理ができるナレッジがついてきて、手ごたえを感じています

気田様

そうですね。実際にアメリカでSNS広告の会議をするときも、もしベースのWebマーケティングの知識がなかったら、どういう部分を評価するのかといった細かい話ができなかったと思いますが、研修のおかげでいろいろ細かくヒアリングできるようになりました。

研修の効果と今後
マーケティングの力で、アジアを代表する総合除菌ブランドへ

マーケティングの力で、アジアを代表する総合除菌ブランドへ

― 弊社の研修に期待することはありますか。

気田様

海外事業部としての最終ゴールは、学んだ知識を海外でのマーケティングに活かしていくことです。今回の研修では、日本・海外問わず、商品をPRしていくための基本となるWebマーケティングの概論を教えていただきました。今後はさらにもう一歩踏み込んで、各国ごとに最適なマーケティング手法についても理解を深めていきたいですね。例えば、中国に最適化された広告の手法は何なのか、どんなWeb広告が効果的なのかといったところまで落とし込んでいく必要があります。そういった海外でのマーケティングについて学べる講座をぜひ受講したいですね。

― 御社の今後のビジョンを教えてください。

柴田様

最終的には、世界に通用するグローバル人材を輩出する企業になっていきたいですね。そのためには、自社商品のマーケティングがカギになります。日本の消費財系や製薬系の会社で、優秀なグローバルマーケティング人材がたくさん集まるような企業は、少ない印象です。その理由としては、製薬会社の場合、医療用医薬品のビジネスモデルが通常の一般消費財と大きく違うことも一つあるかもしれません。
しかし弊社は製薬会社の中でも、医療用医薬品よりも一般消費財の方が強いという特徴があります。「クレベリン」をはじめとする魅力的な商品がありますから、マーケティングによってその価値を国内外に広めて実績を作ることで、アジアを代表する総合除菌ブランドになり、ほかの業態からも求められるような優秀なグローバル人材が集まる会社にしていきたいです。

― インターネット・アカデミーやこれからITを学ぶ方に向けてメッセージをいただけますか。

柴田様

今は情報が安くなり簡単に手に入る一方で、世の中に情報があふれていて、自分にとって本当に必要な情報や正しい情報を見極めるのが難しい時代です。その中でインターネット・アカデミーには、教育を受けたいと思う人を増やしてほしいです。知的好奇心は誰もが持っているものですから、その好奇心を刺激する質の高い教育を低コストで、すべての人が受けられる世の中を作っていただきたいです。
そしてインターネット・アカデミーで学んだ方の中から、弊社の海外事業部で、語学力を活かしてマーケティングの仕事をしてみたいと思ってくれる方がいたらとても嬉しいですね。

自社にぴったりの研修をお探しの方へ
まずは無料相談・お問い合わせください。

インターネット・アカデミーでは、研修内容を弊社が提供する講座から自由にお選びいただくのはもちろん、御社専用にカスタマイズ、カリキュラムを作成することも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3341-3781受付時間 10:00~21:00

sdgs
このページの上へ